中山道沿い、板橋4丁目に韓国料理「7Mac」(セブンマック)が2018年10月上旬にオープン予定です。

(2018年10月9日更新:オープン予定は10月11日になったそうです)
(2018年10月11日更新:10月11日にディナータイム15:00~23:00のみオープン。ランチは11月以降)


写真 2018-10-03 16 52 22
ここは以前「スンコシー」っていうネパール&韓国料理のお店があった場所ですね。

◇関連記事
板橋4丁目『スンコシー』ネパール&韓国料理のお店がひっそりとリニューアルオープンしていた。元「五つ屋」の場所。

地図ではここ↓

板橋区板橋4-13-3です。三田線・新板橋駅と板橋区役所前駅の中間。

写真 2018-10-03 16 53 35
お店に向かって左は隣がガストで、不動通り商店街の入口です。

写真 2018-10-03 16 54 13 (1)
その反対側は新板橋駅へと続きます。

写真 2018-10-03 16 54 33
韓国フュージョン料理って何だろう...?と思ってる人も多いはず。

写真 2018-10-03 17 00 15
オープン準備中の店長のジョンヒョンミンさんに軽くお話を伺えました。
韓国の方ですが、日本語は上手です。

チェーン店ではなく、高円寺にも同じ系列のお店が1店舗あるそうです。
ちなみにオーナーさんは普段高円寺にいるそう。

写真 2018-10-03 16 44 06
入ってすぐにL字型のカウンターと、

写真 2018-10-03 16 46 07
テーブル席があります。

写真 2018-10-03 16 45 00
店内は奥に広く、

写真 2018-10-03 16 44 40
奥ではパーティーもできそうですね。

写真 2018-10-03 16 47 38
グランドメニュー。

「7Mac」のウリは韓国フライドチキン。

韓国ではチキンを片手にビールを飲むことを「チメク(チメッ)」と呼ぶそうなんですね。
(チキンのチと、韓国語でビールを意味するメクチュのメクを合わせた造語)

さらにを発音が近い7(チル)に置き換え、メクを呼びやすくマックに置き換えて、店名を「7Mac」(セブンマック)にしたのだとか。

いや、この解説は不粋かも...(笑)
つまり店名の由来は”チキンとビール”のことなのです。

写真 2018-10-03 16 47 48
もう一つの看板メニューは「チーズタッカルビ」らしい。

写真 2018-10-03 16 48 06
韓国フュージョン料理ってどういう意味ですか?とも聞いてみると、

韓国では基本1品のボリュームが大きいそうなんですが、それを日本の居酒屋のように小皿で楽しめるようにしたのが”フュージョン”なんですって。

写真 2018-10-03 16 48 15

写真 2018-10-03 16 48 30

写真 2018-10-03 16 48 49
ランチメニュー。
日替りおかず6種食べ放題がついて980円(60分制)。
お得感ありそう。

写真 2018-10-03 16 46 40
ドリンクメニュー。

写真 2018-10-03 16 49 36
飲み放題もやるんですね。


韓国では人気ドラマの影響で、ここ数年でチキン屋さんの数が倍増しているそう。
昔ながらの韓国料理店はありますが、韓国の流行を押さえたお店は珍しいかも。


ちなみにこの場所にあったスンコシーの方とは知り合いらしい。

スンコシーは半分ネパール、半分韓国というスタイルでしたが韓国料理の方が人気だったらしく、韓国人が運営した方がいいんじゃない?と言われて出店することになったのだとか(笑)


◇関連記事
板橋4丁目『スンコシー』ネパール&韓国料理のお店がひっそりとリニューアルオープンしていた。元「五つ屋」の場所。


※ちいぱんださん、本蓮沼子さん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

7Mac(セブンマック)

板橋区板橋4-13-3

営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00

定休日:無休

Instagramはこちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ