板橋本町近くの旧中山道沿いにある『ガンガンいこうぜ五島列島』。

このお店が月に数日、いや数か月に数日間だけ不定期に営業していることを知っている人は多くない。
ラーメン屋の看板が残っていますが、現在は長崎県五島列島の食材を使った定食屋さんなのです。

以前いたばしTIMESでは、このお店の謎について記事にしています。

◇参考記事
板橋本町に名店誕生の予感...『ガンガンいこうぜ!!五島列島』っていつ営業してるの?

写真 2016-10-24 13 09 11

このお店は現在、長崎県の五島列島で民泊を営む吉村さん夫婦がオーナーとして運営しています。
まだ看板が残っている以前のラーメン屋は息子さんがやっていたそうです。

地図ではここ↓

住所は板橋区清水町29-4です。

お店に向かって右には環七が見えます↓
写真 2016-10-24 13 08 57

その反対側は本蓮沼方面へ↓
写真 2016-10-24 13 09 47

お話を聞かせてもらったオーナーの吉村さん夫婦↓
写真 2016-10-24 14 14 39



― なんでこのお店をやろうと思ったんですか?

吉村さん: 私たちは五島列島で民泊をやってるんですが、泊まりに来てくれるお客さんのほとんどが関東の方なんですね。
その方たちが五島列島の食材を食べて、とても喜んでくれる。
その延長で板橋に来たんです。



― 五島列島の食材が食べられるお店って珍しいですよね?

吉村さん: 高級割烹とか、いいところいくとあるんですよ。
でも、こういう定食屋さん、リーズナブルで千円でお釣りがくるようなお店だとまずないと思います。

五島列島の生産力は高いんですけど、供給する場所が少ない。
とにかく五島列島の食材を食べて頂きたいですね~。



店内の様子↓
写真 2016-10-24 13 46 06

テーブル席↓
写真 2016-10-24 13 46 02

カウンター席↓
写真 2016-10-24 13 45 54

メニュー↓
写真 2016-10-24 13 46 21

五島列島の酒の肴↓
写真 2016-10-24 13 46 38

五島の豚・美豚の紹介↓
写真 2016-10-24 13 46 32



― 五島の豚・美豚(びとん)って初めて聞きました

吉村さん: 美豚は五島列島の広い場所でのびのびと育てられていて、えさから違うんです。
ヨーロッパの畜産技術と飼育方法で育てられています。
牛に負けんようなステーキなんですよ。



まずはいきなりすぐのお通し(無料)↓
写真 2016-10-24 13 21 12
待たずに食べられ、しかも美味しい五島列島の食べ物たち。
この日はナス、魚、枝豆、かき、お漬物。
体にもよさそう、最高すぎます。


お通し第2弾(無料)。きな粉をかけて食べるデザート的なもの。↓
写真 2016-10-24 13 21 20
熊本の人たちはきな粉をかけて食べるんだって。
これ絶対女子が好きなやつだ。


今回は五島の美豚ステーキ定食(1300円)をチョイス↓
写真 2016-10-24 13 35 30

うぉ!
すごい肉厚の豚ステーキがやってきた。

前回来店した時に、五島からオーナーさんと一緒にやってきた店員さんに「美豚がやばい」という情報を仕入れておいたのです。

写真 2016-10-24 13 35 47

美しささえ漂います...。
まさに美豚。
説明不要の迫力ですね。

写真 2016-10-24 13 36 30

むほぅ…。
すごい旨味が口の中で弾けます。
こんなに美味しい豚ステーキを食べたのは初めてかも…。

具だくさんの味噌汁↓
写真 2016-10-24 13 36 53

お通し第3弾!50年来の製法で作っているという五島列島のこんにゃく↓
写真 2016-10-24 14 01 07
ああ、五島列島に向けて祈りをささげたい気分です。


― あのー......こんなに次から次へとお通しを頂いて原価とか大丈夫なんですか?

吉村さん: 大丈夫ですよ(笑)
東京で仕入れていたら、とてもじゃないけど商売として成り立たないですけど、五島列島から直接送っていけば十分成り立ちます。



お通し第4弾(笑)「キウイがあったから食べて~」と↓
写真 2016-10-24 14 01 19

ご飯もおかわりをオススメしてくれましたが、も、もう食べられない…。
とんでもない満腹感と満足感。


これが五島牛のフィレステーキ↓
写真 2016-10-24 13 30 13
わ!
とんでもないステーキ!


― まさかこのお店でこんなステーキが食べられると思う人いないんじゃないでしょうか?

吉村さん: (笑)
五島牛って7000頭ぐらい飼育していて、、そのうち350頭ぐらいしか出荷しない。
だから値段も高くなって、業者でもなかなか手に入らない。
出回ってるのが少ないんです。
いっぺん五島牛を食べたらよその牛肉は食べられないですよ。




お店の今後はどうなるの?



― 今後はしばらく営業されるんですか?

奥さん 実は今日帰るんです...(笑)
今度は私たちの後にお店を引き継いでくれる方が11/8(火)、11/9(水)と来てくれて一緒に営業する予定なんです。
※10/24に訪問



― え!?引き継いでくれる方ってどういうコトですか?

吉村さん: 私たちは五島列島で民泊をやっていてなかなか板橋に来れないので、お店を任せられる人ができたので、その方に引き継いでいこうと思ってます。



― 経営が変わるということなんでしょうか?

吉村さん: オーナーは変わらず私たちですが、運営はその方に任せていこうと思います。



― メニューは同じでいくんですか?

奥さん いや、変えることになると思います。
今のメニューは私たちでできるものを考えて作ったメニューなんです。
残すメニューは残しますが、新しい店長の得意な料理を作ってもらおうかなって。



― 五島列島の食材は使わなくなるんですか?

吉村さん: いや、五島列島の食材にはこだわります(キッパリ)
五島列島の食材を使って定食屋をやりたいというのがそもそもなので、そこは継続していきますよ。
毎日でも現地から送りますから(笑)



― よかったぁ......でも11/8・11/9と2日間営業された後はどうなるんですか?

奥さん 未定です。
11月の次は来年になるかも(笑)



さいごに

相変わらずぶっ飛んでいる、この勝手に食べ物を持ってきちゃうシステム(笑)

こちらとしてはびっくり仰天なんですけど、それをお店のウリにしているという感じではないんですよね。
全く無理をしてないというか...。

いつもやってることだけど?っていうナチュラルな空気がそこにはあります。
吉村さん夫婦は常に自然体。

不思議ですね...。
こちらの方が不自然なのかと一瞬思いそうになるけど......いや、やっぱりぶっ飛んでますって(笑)

人に教えたくないってこういうお店を言うんだなぁ。
思いっきり記事にしておいてなんですけど。


※吉村さん、奥さん、お忙しい中温かく対応頂きありがとうございました!


ガンガンいこうぜ五島列島

板橋区清水町29-4

営業時間:不定期

定休日:不定期

※次回営業予定は11/8(火)、11/9(水)