こんにちは、編集長のチュウゾウです。

中板橋商店街に2017年9月にNEWオープンした「餃子酒場だん」がランチを始めました!
※定休日が火曜→水曜に変わりました

写真 2017-11-13 15 24 49
これからは思うぞんぶん、昼間から美味しい餃子とビールでやっちゃえますね(笑)

◇関連記事
中板橋商店街に『餃子酒場だん』が9月13日(水)にNEWオープン!オーナーさんにお話聞いてきた。

地図ではここ↓

住所は板橋区中板橋17-2です。

写真 2017-11-13 14 40 15
お店に向かって右はすぐ近くにスーパー・よしやがあります。

写真 2017-11-13 14 41 57
その反対側は斜め向かいにゲストハウス「板橋宿」があり、「キッチン亀」へと続きます。

今回はオーナーの清水さんにお話も伺ってきました。

IMG_0882

清水 靖一郎(しみず せいいちろう)さん

「餃子酒場だん」のオーナー。
すごく温和な方だが、男子らしいお店にしようと店名を【だん】にする。

ちなみに浅草で「かぐらちゃか」というカフェも運営中。




― 開店して2か月。中板橋の印象ってどんなですか?

清水さん: 年配の方から若い方まで幅広いですねー。

餃子酒場なんですけど、お子様連れがすごく多いです。



写真 2017-11-13 15 16 17
お子様連れでも使いやすいシート席あります。



― 店名の【だん】は、男子の【だん】って聞いてましたが?

清水さん: 全然そこは狙い通りにいかない(笑)
女性同士や女性の一人飲みのお客様が圧倒的に多いです。

中板橋って常連さんが集まるお店が多くて、うちみたいに明るく開けてると女性には入りやすいのでしょうね。



写真 2017-11-13 15 15 47
店内のようす。明るく、禁煙です。



― 一番人気のメニューって何ですか?

清水さん: 餃子酒場なので、やっぱり一番よく出るのは肉餃子です。

餃子以外で言うと、「よだれ鶏」が人気ですよ。

酢豚はオリジナルの台湾風「赤酢豚」を推してるんですが、スタンダードな「黒酢豚」の方が圧倒的に出ますね。



写真 2017-11-13 15 16 25
焼酎も充実しています。



― 「だん」の餃子の特徴ってなんですか?

清水さん: うちの餃子は甘さが特徴なんです。

お肉と醤油でよく練って2日間熟成させ、いい香りがしたら白菜・ニンニク・ネギ・ニラ、それにゴマ油を加えます。



― 他に調味料って使ってないんですか?

清水さん: 使ってる調味料って醤油ぐらいですね。

餃子って味を追求していくと、オイスターやなんやら加えていきがち。
当初は私もそういう餃子を作っていました。

でも、それって調味料のバランスの味なんですよね。

調味料に頼らない餃子の本来の味を追求しました。
作り置きも一切してないです。



― え!作り置きなしって......仕込みが大変じゃないですか?

清水さん: めちゃめちゃ大変!



IMG_0871



清水さん: 一日中仕込んでますよ(泣)

朝6時前から仕込んでるので、向かいの魚屋さんには呆れられてます(笑)



― こだわりの餃子ですが、けっこうリーズナブルですよね?

清水さん: やっぱり気軽にビールと餃子、そこが目指す世界観ですね(笑)



― 最後に板橋の人たちへメッセージをどうぞー!

清水さん: 真面目に一つづつ店内で手作りしています。

同じメニューでもちょっとづつでも美味しくなるように毎日努力しているので、ぜひ何度もいらしてください。



写真 2017-11-13 15 17 12 (1)
廣瀬店長と清水オーナー。2人のタッグはホッとするものを感じます(笑)


餃子酒場だん

板橋区中板橋17-2
03-6905-7092(席予約可)

営業時間:11:30~15:00(14:30L.O.)、17:30~23:00(22:30L.O.)

定休日:水曜

席数:18席

喫煙・禁煙:完全禁煙

※雨の日サービス全10%オフ





実際に食べてきました。

だんメニュー
ランチメニュー。

◆焼き餃子定食
餃子(6個) 680円
餃子W(12個) 880円

◆四川水餃子定食
水餃子6個 780円

◆焼き水餃子定食
焼き餃子(6個)、四川水餃子(6個) 980円

◆赤酢豚定食 880円

◆黒酢豚定食 880円

◆濃厚ゴマ坦々麺 880円

◆酸辣湯麵 680円

※定食はご飯(大盛り無料)、味噌汁、サラダ、ミニ杏仁豆腐付
※坦々麺はご飯、杏仁豆腐付
※酸辣湯麵はミニ杏仁豆腐付



IMG_0475
ピリ辛キュウリ(280円)

ピリ辛味噌とゴマの風味がいいですね。
通常メニューからでも対応できるものはランチに注文できます。

IMG_0486
餃子に次ぐ人気メニュー「よだれ鶏」(780円)

思い出すだけでよだれが出るという逸品。
中華系スパイスの複雑な味がします。

IMG_0557
不動の一番人気「肉餃子」(360円、ランチの定食は680円~)

IMG_0653
都内中の皮を取り寄せて吟味し、国産の銘柄豚を練って作ったという肉餃子。

ほふっ!
うまいです!!

IMG_0544
辛味をつけたい時はこちら。
かなり辛いのでご注意を。

IMG_0524
濃厚ゴマ坦々麺(ランチセット880円)

藤椒油(たんじょうゆ)という青山椒を絞った油と自家製の食べるラー油が入ってるらしい。

芝麻醤(ちーまーじゃん)も胡麻をいってすって手作りしているそうですよ。



IMG_0538
マイルドなスープ...。すごく香りがいいです。
しびれは感じませんね。

IMG_0825
辛さは自分で調整するスタイル。
幅広いお客様に対応するためにこうなったとか。











IMG_0695

IMG_0675

IMG_0680

IMG_0715

っ最高!

IMG_0779
氷をいれない「神戸ハイボール」と餃子もいいですね!

IMG_0597
杏仁豆腐(単品380円)

元パティシエの廣瀬店長がこだわって作った自家製の杏仁豆腐。
いやはや、すごい満足度...。




さいごに

とても印象的だったのは、一つ一つの食材にすごくこだわっているところ。
山椒や黒酢、お米など全て良いものを吟味して使用されています。

全て手作りって、言葉にすると簡単ですが、すごいですよね。


清水オーナーは男子らしいお店にするのは諦めていないらしく(笑)、ハチノスなどモツ系のメニューも充実させていくそうですよ。

今後の変化も楽しみなお店です。


◇関連記事
中板橋商店街にオープンした『餃子酒場だん』で鉄板ひとくち餃子と赤酢豚を食べてきた。


餃子酒場だん

板橋区中板橋17-2
03-6905-7092(席予約可)

営業時間:11:30~15:00(14:30L.O.)、17:30~23:00(22:30L.O.)

定休日:水曜

席数:18席

喫煙・禁煙:完全禁煙

※雨の日サービス全10%オフ




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ