志村銀座商店街(しむらん通り)で『Krampusパレード』(クランプス)っていうぶっ飛んだイベントが12/4(日)に開かれます。

去年初めて開催されたイベントで、今回が第2回なんですね。
ちなみに第1回が日本初上陸だったみたいです。

当日はオーストリア物産展も同時開催されるんですよ。

krampus_parade2
(出典:クランプス・ジャパン)


クランプスパレードの日程


【第2回Krampusパレード&オーストリア物産展の概要】

日にち: 2016年12月4日(日)

時間: 13:50~17:30

場所: 都営三田線 志村坂上駅A4出口 しむらん通り

※荒天中止


krampus_parade3
(出典:クランプス・ジャパン)

志村銀座商店街(しむらん通り)は地図だとこのあたり↓



当日のプログラム

クランプス・ジャパンHPに書いてあるプログラムを転載させてもらいます。

13:50~14:00 オープニングセレモニー

14:00~15:00 ファーストパレード

16:20~17:20 ファイナルパレード

ちなみに、このパレードには事前申し込みをすれば参加可能です。
(今回はすでに締め切られています)
参加対象は小学生から大人までみたい。



クランプスとは?

クランプスって何かご存じの方いますか?
なかなかいませんよね。

クランプスとは

・クランプスは、ヨーロッパ中部の伝説の生物であり、その不気味な存在は、見るからに恐ろしい風格ながらも、実は心優しい聖ニコラウスの付添い人で、悪い子を正す役割を持っています。


 

・異教の悪魔を信じていたヨーロッパの人々は、冬になると自ら悪魔の姿となり鈴や鐘を鳴らしながら悪魔を追い払おうとしたことから、亡霊の群を表すクランプスの伝統が生まれました。


聖ニコラウスが訪れる12月6日頃は、亡霊にまつわる行事が最も集中する時期
です。

そのため、いつのまにか亡霊が聖人の付添い人として考えられるようになったのです。


 

・ドイツの古い伝承では、サンタは双子の設定で、一人が良い子にプレゼントを配り、もう一人は黒と茶色の衣装を着て、悪い子におしおきしてまわるといいます。



・そのクランプスは、オーストリア中東部、ドイツ東南部のバイエルン州、ハンガリー、ルーマニア北部のトランシルヴァニア地方において、クリスマス・シーズンの間に、聖ニコラウスに同行する行事として行われています。


クランプス・ジャパン公式サイトより)


公式サイトにも書いてありますが、日本のなまはげと共通点が多いですよね。


去年(第1回)の様子

第1回だった去年の「クランプスパレード」の様子をご紹介します。
場所は同じく志村銀座商店街でした。

1st_krampusparade5
(出典:クランプス・ジャパン)

かなり大盛況だったようですね!
めっちゃ盛り上がってる。

1st_krampusparade4
(出典:クランプス・ジャパン)

うぉ!
これ絶対子ども泣く!
ていうか大人でも泣く(笑)

i1st_krampusparade9
(出典:クランプス・ジャパン)

パレードには必ず天使も登場するらしい。
なんていう癒しな存在感...。

i1st_krampusparade8
(出典:クランプス・ジャパン)

楽しそう!
すごい盛り上がった様子が伝わってきますね。



クランプス・ジャパンとは?

クランプスパレードを運営している「クランプス・ジャパン」とはどんな団体なのでしょう?
調べてみると、なんと板橋の方が立ち上げた団体でした!

代表の方の挨拶文を転記させていただきますね↓

<Krampus-japanについて>

私は以前より、「なにか人生を変えたい新しい事にチャレンジしたいと考えていました。

偶然テレビの番組でクランプスを目にしたとき衝撃を受け、そのときから「クランプスを日本に持ち込んでみたい」と強く願っていました。

クランプスはオーストリア、ドイツ、ハンガリーなどの一部の地域でクリスマスの時期に行われている伝統行事です。

この地域では「サンタクロース」は「聖ニコラウス」と呼ばれ、クランプスは聖ニコラウスのお供として街を練り歩き、悪霊払いをします。

そして良い子にはプレゼントを与え、悪い子にはお仕置きをします。

これは人々への戒めであり、また農閑期に春を知らせる意味も持ち合わせています。

このような風習は世界にも多く存在しています。

日本の「なまはげ」の風習にも酷似していることから、近年インターネット等で「西洋版なまはげ」としても話題になりました。


今回我々はオーストリア大使館の協力を得て、オーストリアのインスブルック、東チロルのリーエンツを訪ね、現地の人々に祭りの様子を再現してもらい、衣装の着方や声の出し方などのレクチャーを受け、彼らの作る衣装を直接購入いたしました。

そして2015年12月には、地元板橋の志村銀座商店街と、日比谷公園で開催された「東京クリスマスマーケット2015」においてクランプスパレードを実施し、多くのメディアより取材を受けるなど大きな反響を得ました。

 

本プロジェクトは地元板橋の方々をはじめ、50名のボランティアスタッフの協力により成り立っています。

2015年はクランプスジャパンにとって、スタートラインに立った年でした。

2016年は「国際文化友好交流」、「伝統文化継承」、「青少年育成」、「地域活性化」を掲げ、クランプスを日本中に発信していきたいと考えています。

(クランプス・ジャパン公式サイトより)

なんという行動力...。
こんな熱い方が板橋にいて活動されてるんですねー。

adobestock_46522091
(出典:クランプス・ジャパン)



さいごに

いかがでしたでしょうか。

こんなにぶっ飛んだイベントが板橋にあったんですね。
ぜひ私も子どもを連れて参加したいと思いました。
(300%泣くと思いますが)

こんなクリスマスの形もあるんですね。
板橋発のクランプス、全国に広がるかもしれない...。