初めまして。
板橋3丁目食堂のオーナーの永瀬と申します。

ひょんなご縁で暫くコラムを書かせて頂く事に。
と言いましても、大そうなものでなく、
お店での出来事、よもやま話を中心に書かせて頂ければと。
斜め読み、走り読み。
お暇つぶしに是非、ご一読下さい。

nagase-owner



【板橋って何がある?】

皆さんもこんな経験をした事ないですか?

「板橋ってどこ? 何がある?」


この質問に即答できないなんて事。


板橋を全く知らない方に説明する時、
世代により出てくる単語は違ってくるとは思いますが、
僕の場合はこうなるんです。

itabashi-image
(今までの経験調べ)


ただし、
相手は知らないのでピンとこない。
板橋に浸かっている者にしてみれば、
「なかなか認知されない」ことが、
「板橋らしさ」で愛おしくもあるのですが。


魅力が沢山と思っているのに、
説明できないもどかしさ…。

雑な言い方ですが、

「メンドクサイ…」

掘れば掘るほど面白いものが出てくる板橋なのに、
点と点だけにしておくのはのはもったいないなあと日々悶々。



【道中にある物】

例えばとある日。

板橋3丁目食堂にこんなお客様が。
板橋は初めてな様子で、

「近くでどこか寄っていく所ある?」
と尋ねられました。

こういう時は大抵、
「大山」や「仲宿」といった、
賑やかな商店街がありますよとお答えします。

見栄でしょうか、
無意識に人が集まっている所を瞬時に紹介してしまいます。 


でも、
あとで下記のような所も紹介したら良かったなと。


【ワインロード】

4c8f0470



6c5ca672


街路の敷石にワインガラスのリサイクルブロックを使用した、
日本で最初の商店街なんですよ。

日本初が板橋に…。
日本初の道路と知るとなんだか特別な気分になりますよね。



【不動通り商店街のラッピーの立て看板】

いたばしTIMESさんで紹介された「花の湯」がある商店街。
花の湯さんの存在感は圧巻ですが、
ラッピーくんもなかなか楽しめます。

22b1b710

ffb4b130-s


さりげなく置いてあったりするので気づきにくい。
目を凝らすと商店ごとのイメージで、
色々な格好のラッピーが!
子供喜びますね、この七変化。


これが何?

と感じた方も多いとは思いますが…。




【お店を始めた理由】

一見何も無いような場所でも、
少し見方を変えると魅力になるモノやコト。
でも、ほおっておくとただの物。

お店をやりながら、
こういう場所に価値をつけたり、
繋いでいったり継ぎ目の役割ができないものかと。

最終的には「板橋って何ある?」に即答したい。
こんなきっかけでお店を始める事にしました。



【板橋3丁目食堂のしくじり先生】

そして
2010年の開店以来、
様々な挑戦をする訳ですが…。

成功した事もありましたが、
失敗は、それ以上の盛り沢山…。


いたばしTIMESさんのこの記事観たことありますか?

『板橋デリカテッセン、店頭販売やめるってよ』

仲宿の人気サンドイッチ専門店『サンサン』が閉店に...。
閉店についてお話をお聞きしました。



閉店2店舗?

人は成功談より、
失敗談の方が面白いと言いますよね。

面白い事は僕も大好きで。

ならばという事で失敗談を織り交ぜた、
「板橋3丁目食堂のしくじり先生」
何回かこの題目で書かせて頂きます。


この体験を共有するので、
読者さんの様々な観点から、
楽しんでもらえると嬉しいです。


それではまた次回お楽しみに。



※永瀬オーナーの編集後記は店舗Facebookページでも綴られています

57c82d3b

板橋3丁目食堂

板橋区板橋3-5-1 リビオタワー105

営業時間: 11:00~14:30、17:00~22:00

定休日: 火曜
※暫くの間ランチ営業は(月・金・土・日)のみとなります。

席数:24席

喫煙・禁煙: 完全禁煙

オフィシャルサイトはこちら 





いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ