いたばしTIMESのコラム企画「オレに書かせろ!」

板橋の”食”に関わる人たちが、その人のスタイルと言葉でお店のこと、板橋のこと、自分のことを発信します。

◇これまでの記事
【オレに書かせろ!vol.1】板橋3丁目食堂 永瀬オーナー 
【オレに書かせろ!vol.2】板橋3丁目食堂のしくじり先生 -序章-
【オレに書かせろ!vol.3】板橋3丁目食堂のしくじり先生 第1章 自己分析しなかった失敗



こんにちは板橋3丁目食堂 永瀬です。

今回はTVに映っちゃった失敗のお話です。


オープンして2年は細々と営業していました。
その間、観た事も無いような商品を作ってはお客さんをビックリさせようと楽しんでいました。


そんな折、
2013年「板橋本」に紹介される事になりました。 
しかも何故かほぼTOPページに大きく!


1e8c3f4c

8e98ce30-s

ドカーン!
これは驚きです...。


この時の心境は「もっと名店あるのになあ」という思いが。自分が界隈を知っているだけに。


ただ当時は老舗の名店はあるけど新しい店はまだまだ少なかった事もあり、商品も珍しい感じなのでこういう取り扱いになったのかなあと思います。


そしてさらにコンボがはじまりました。

b8eb5c41

「有吉くんの正直散歩」

人気番組からオファーがきます。 僕は何も考えず出演をOKにします。
結構長めに紹介され、インパクトがある紹介のされ方でした。

5db1df49
(六角さん熱く板橋を語ってくれました)


この後TVの効果を見せつけられます。


その影響はこんな感じです。
放送を店舗で常連さんと一緒に楽しく観ていると、
紹介された直後から電話が殺到。


その一日鳴りやむ事がなく、
この日の電話地獄はテレアポさんより
テレアポしていたという感覚。


さらにその効果は続きます。
約半年間、
連日のように板橋区外からお店に来てくれるのです。遠い所からでは関西からも。


紹介されたのは同じく「ウニ」のやつ。
原価200%の通称アホなメニュー。
常連さんをビックリさせる為だけに作った商品。
お遊びというかなんというか...。
でも売れるメニューって大概そうやって作ったものなのかなとも思います。


これだけ食べてくお客様がいて赤字で大変!!なんてことは無く
来店に繋がるのですから、むしろ有難い事です。


ただ、別の問題が徐々に表面化してきます。


「広い店では無いので常連さんが入る機会が激減」


4a537fc7


僕はTV取材は、
「受けない理由」は無いと思っていたのです...。


むしろ板橋にもこんな店ありますよって
区外にもアピールできるし良い事だらけ!


でも少し違って、
うまくコントロールできないと、
本当にお客さんに迷惑をかけてしまう。


これはTVが悪いのでは無く、
店の規模と反響を考え判断できない店の責任ですね...。


「取材お断り!」って店舗ありますよね。
がんこ親父が「しゃらくせい!!」と言っているイメージですが、
実はこれ、常連さんをとっても大事にしているケース。


もちろん僕もふわりと理解はしていたのですが、
いまいちわからない部分でもありました。
これは本当に大反省の結果でした。


その後は元通り近隣の方や常連様に助けられ、
個店とはいえ徐々に知名度も上がり事業としても軌道に乗り始めます。


スタッフにお店も任せられる土台もできてきた頃、構想していた「まちづくり」の為、会社設立の準備に入ります。


この会社設立後の2店舗出店がとっても痛い痛い失敗となります。
それではまた次回お楽しみに。


※永瀬オーナーの編集後記は店舗Facebookページでも綴られています

57c82d3b

板橋3丁目食堂

板橋区板橋3-5-1 リビオタワー105

営業時間: 11:00~14:30、17:00~22:00

定休日: 火曜
※暫くの間ランチ営業は(月・金・土・日)のみとなります。

席数:24席

喫煙・禁煙: 完全禁煙

オフィシャルサイトはこちら 




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ