ハッピーロード大山商店街の路地裏に「てのひら餃子 RA KU YU」(ラクユゥ)がオープンしていました。

写真 2018-01-23 12 58 54
オープンしたのは2017年12月。
まだ知らない人も多いのでは。

地図ではここ↓

住所は板橋区大山町32-2です。

写真 2018-01-23 13 00 53
ハッピーロードの大山駅近く、三井茶店とラーメン龍吟軒の間の路地を入ります。

写真 2018-01-23 12 59 37 (1)
お店を通って抜けていくと、北側の踏切、ラーメン「あまみ屋」の前にでます。

写真 2018-01-23 12 57 22
1階はキッチンのみ。
店内で食べる場合は、基本2階に上がります。

足が悪い方など、階段を昇るのが難しい方は1階での食事も相談できるそう。

写真 2018-01-23 12 53 10
靴を脱いであがります。

写真 2018-01-23 12 53 04
うぉ!
けっこう急な階段。

小学生の時に友達の家に行く感覚を思い出しました。

写真 2018-01-23 12 10 03
2階に上がると、テーブルが3つあり、くつろげる空間になってますよ。

写真 2018-01-23 12 09 45
お茶はセットされています。

写真 2018-01-23 12 42 10
メニューは壁に貼られています。
決まったら、チャイムで呼ぶと注文を取りに来てくれます。

決めるの早い人は、1階で注文してきちゃった方がいいですね。

写真 2018-01-23 12 10 24
居酒屋的な一品メニューもあります。

写真 2018-01-23 12 10 45
ドリンクメニュー。

写真 2018-01-23 12 28 59
今回は「餃子と餃子セット」(750円+税)をチョイス。

写真 2018-01-23 12 29 44
ご飯の量がすごい!

写真 2018-01-23 12 30 00
恐る恐るフタを開けると、中から饅頭のような巨大餃子が登場。

写真 2018-01-23 12 30 39
その下にも餃子が!
これが「餃子と餃子セット」なんですね。

写真 2018-01-23 12 33 11
箸にも力が入るほどの大きさ。

写真 2018-01-23 12 33 37
ご飯の上に置いてみると、楽しい感じになりました(笑)

写真 2018-01-23 12 34 02
わ!
餡の量もはんぱない!
餃子の常識を超えてる...。

餃子の餡は140グラム入っているそうで、普通の餃子の8個分に相当するみたい。


お店の運営はオーナーさん親子で切り盛りしています。
息子さんが調理担当ですね。

もともとは栃木県足利市で居酒屋を運営されていましたが、てのひら餃子の絶大な支持を得て東京は板橋・大山に進出したのです。

写真 2018-01-23 12 55 10
お母さんが呼び込み担当。ハッピーロードで大きなフォークを持ってます。


なぜ、こんなに巨大な「てのひら餃子」なるものが生まれたのでしょうか?

その昔、おばあ様が中国の人から教えてもらった珍しい餃子を現・オーナーさんが改良を加えて販売したところ大ヒットに。
地元・栃木ではリピーターもすごく多いそうです。

なんだか日本昔話のようですね(笑)


テイクアウトのてのひら餃子は1個280円(税込)。
2階に上がるのが大変な方はおみやげにするのもいいですよ。


※さえさん、情報提供ありがとうございました!

てのひら餃子 RA KU YU(ラクユゥ)

板橋区大山町32-2

営業時間:11:30~14:00、17:00~24:00

定休日:無休(しばらくの間)

席数:12席(2階)

喫煙・禁煙:喫煙可




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ