板橋3丁目にクランクビール”さかみちタップルーム”っていうブリューパブがオープン準備中です。

IMG_5481
ブリューパブと言えば、2017年12月に下板橋にオープンした「IBU」が記憶に新しいですよね。

◇関連記事
下板橋にブリューパブ「Itabashi Brewers Unit」が12月20日(木)にNEWオープン!

まったく別の運営ですが、IBUの鈴木さんのお店によく飲みに行っていた間柄なのだとか。

地図ではここ↓

住所は板橋区板橋3-40-16です。
王子新道沿いですね。

写真 2018-02-07 12 04 15
お店に向かって右は緩やかな坂をのぼって鳥新、板橋区役所前駅へと続きます。

写真 2018-02-07 12 03 50
その反対側は坂をくだったら東板橋体育館があります。


中に誰かいる!と思ってドアをコンコンすると...

写真 2018-02-05 15 13 50
店長の五日市さんが絶賛内装工事中でした。
お話を聞かせて頂けることに!



― ここってどんなお店ができるんですか?

五日市さん: いろいろなタイプのエールビールが楽しめるお店をつくります。

アメリカやベルギースタイルのビールが中心。
「香りを楽しむ」がコンセプトです。

ホワイトビールや黒ビール、セゾンビール(季節ビール)など、自分たちが飲みたいビールを作ります(笑)

エールビールとは

フルーティーで豊かな香りと深いが特徴。ワインのように香りと味わいを楽しむビールです。

(よなよなの里より)


ファイル 2018-02-07 10 09 21
店舗に併設されるブリュワリー(醸造所)。ここからユニークなビールが生まれます。



― ビール以外のドリンクはありますか?

五日市さん: りんごのハードサイダーも用意する予定です。

”シードル”とも呼ばれる、言わばクラフトサイダーですね。



― 料理は提供されるんですか?

五日市さん: ビールに合う料理を出す予定です。

僕自身はつまみと一緒にビールを飲むタイプなんです。



― いつ頃オープン予定なんですか?

五日市さん: プレオープンは2月の前半ぐらいですかね...。国内外のクラフトビールを提供します。

自分たちで作ったビールを提供できる本オープンは4月下旬頃になります。

醸造の免許がおりる見込みが3月下旬。
そこから醸造するのに1か月程度かかります。



― なぜブリューパブをやることになったんですか?

五日市さん: ビールが好きすぎて(笑)

音楽をやっていて、ライブでは自分セレクトのビールを出したりしていました。
地元の岩手でビール会社を作ろうと思っていたのですが、板橋の親戚と意気投合してブリュワリーパブをやることになりました。

お店の内装も2人でやってます。



― 店名のクランクビール”さかみちタップルーム”ってどんな意味なんですか?

五日市さん: 「クランク」は自転車のパーツの名前。僕ら二人とも自転車乗りなんです(笑)

「さかみちタップルーム」は小さなお店に気軽に来てほしいと思ってつけました。

写真 2018-02-05 15 05 53
これがタップです。


― 板橋の人たちへメッセージをどうぞー!

五日市さん: 板橋でクラフトビールの文化を作っていきたいです。気軽に飲みに来てください!



※五日市さん、お忙しい中ありがとうございました!


ファイル 2018-02-07 10 09 38
サンプルのビール。

五日市さん、めちゃめちゃ気さくで話しやすい方でしたよ。
「なにか面白いことをやりたいですよね」と仰っていたのがとても印象的で、クリエイティブな風を感じました(笑)

楽しみなお店が誕生しますね!


※たくさんの読者さま、情報提供ありがとうございました!

クランクビール”さかみちタップルーム”

板橋区板橋3-40-16 エマーレ板橋1F

営業時間:
[月~金]17:00~22:30(予定)
[土]14:00~22:30(予定)
[日祝]14:00~20:00(予定)

定休日:しばらくは無休

喫煙・禁煙:禁煙

公式サイトはこちら
Facebookはこちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ