こんにちは、編集長のチュウゾウです。

8月13日から19日まで夏休みで、長崎県の五島列島に家族で旅行にいきました。

きっかけは板橋本町の五島列島食堂「ガンガンいこうぜ」のオーナーが運営している宿に遊びにいきたい!と思ったことです。

◇関連記事
板橋本町『ガンガンいこうぜ五島列島』隠れすぎている名店のオーナー夫婦にいろいろ話を聞いてきた。

この家族旅行を【編集長の夏休み】と題して、旅行中にツイッター上でリアルタイム(?)に発信しておりました。今回はその総集編です。


【旅程】
板橋→博多→下五島→上五島→長崎→板橋



この情報がはたしてニーズがあるかはさておき、遠く離れた五島列島と板橋の接点になったら楽しいなと思いつつ発信してみますね(笑)


◇前回記事
【博多TIMES】 編集長の夏休み vol.1 水炊き、焼きラーメンを食べてきた。





空港内のレストランだからと思ってなめてると、すごいこだわりのカレー屋さんを発見。











五島列島は長崎から約100kmほど西に位置しています。
Goto_Islands
(出典:ウィキペディア)

大小あわせて140の島々からなる列島なんですよ。

大きくは上五島、下五島という分け方をするみたい。
svg
(出典:ウィキペディア)

五島列島の空の玄関口、福江空港があるのは下五島。
空港がある分、観光客が訪れやすいのは下五島のようです。

ちなみに板橋本町「ガンガン行こうぜ」の吉村オーナーが営む宿は上五島にあります。
せっかく五島に来るなら、上五島も下五島も楽しんでくださいとオススメされて、下五島にある吉村さん知人の宿に泊まらせてもらうことになったのです。





今回の旅行が近づくに連れ、我が家では天気予報を見て蒼然となっておりました。
全日程がほぼ雨の予報…。

絶句する嫁を励ましながら(笑)出発したわけですが、雨が降ってないだけで感謝でした。



カツオを1匹、ご主人が仕入れてきて、さばいて炙って「たたき」になっていく様子を見るのも楽しい。
宿のご主人Sさんは農家でもあり、漁師でもあります。
流れるように調理されていきます...。








とても食べきれないボリュームと、とんでもなく新鮮な料理に思いっきり圧倒されました。
完全に食べすぎです(笑)



そして翌日…



宿のご主人Sさんが仲間の漁師さんに事前に話をしてくれて、早朝に港に戻る船から獲れたての魚をいただけることに!



漁師さんたちが魚を陸揚げしていく様子はすごく面白いです。
何が入ってるんだろう...と思わず覗き込みます。



宿に戻ると、さっそくご主人が頂いたばかりの魚をさばいてる!
そして、あっという間に朝食に並びます。すごい!(笑)



朝食後は野菜の収穫へ。
子どもがハサミを入れて収穫させてもらったのですが……夢中になって採ってます。



天気はかなり微妙でしたが、「五島に来たら、海に行かないと納得しないでしょ?」とご主人の優しい心づかいで高浜にやってきました。



なんという贅沢な遊び。
おもむろに棒を渡してくれたご主人Sさんの遊び心に乾杯!(笑)



打ち立ての蕎麦に採れたての野菜で天ぷら…。
もうテンション上がりっぱなしです。



朝に頂いた魚が夕食にも登場。
大体が手作り。「ひと〇農業」をリアルに体験しているような気になります。



ミナ貝は小さいんですけど、出汁はすごいんですよね。
だ、誰か胃袋をくれ~!(笑)



下五島で泊まった宿はご夫婦で営んでいるのですが、宿に泊まるというよりお家にお邪魔させてもらったような感覚。
ちなみに一般の人で宿泊するのは私の家族が初めてのことだとか。
(普段は修学旅行生を受け入れてるだけみたい)

プレミアムな体験の数々…。
いたばしTIMESやってて本当によかった(笑)



上五島編へ続く。




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ