成増にある板橋を代表するラーメン屋『道頓堀』。
板橋ラーメン界でもトップクラスの人気を誇るラーメン屋さんなんですよ。

写真 2017-02-05 12 50 28

地図ではここ↓

住所は板橋区成増2-17-2です。
川越街道沿いですね。

写真 2017-02-05 12 50 42
お店を向かって右は赤塚方面へ続きます。

写真 2017-02-05 12 50 49
その反対側は和光市方面へと続きます。

dLANKtSP9f7Jws61486431062_1486431100
行列必至の人気店なんですが、店内奥の階段に並ぶという変わったスタイル。
最後尾の人が階段の上へとあがります。

店内はカウンターとテーブル席が並んでいます。

写真 2017-02-05 12 34 33
メニューは券売機ですが、紙のメニューもおいてありました。
醤油味の中華そば、つけ麺、塩ラーメンの3種類に大別されています。

写真 2017-02-05 12 37 11
今回は特製中華そば(1000円)をチョイス。

わ!
けっこうなゴージャス感!

写真 2017-02-05 12 37 19
チャーシューの存在感はんぱないですね。
玉子、メンマ、わかめ、海苔、ナルトがトッピングされています。

写真 2017-02-05 12 37 49
スープをすすると...うまっ!
奇をてらわない醤油味ですが…

なんだろう、この深み…。

さっぱりしているような、濃厚なような…どちらとも言える気がします。

写真 2017-02-05 12 38 41
自家製のもちもちした中太麺。
これは人気店になるのもうなずける...。

写真 2017-02-05 12 38 17
チャーシューは角切りになっているものと、スライスされたもの2種類が鎮座します。
この厚切り具合よ...。素晴らしすぎる!

けっこうなボリューム感あるので、男性でも並サイズで大丈夫だとは思います。
大盛りを注文してた人のを横目で見ると、とんでもない爆量でした。


公式サイトに道頓堀の中華そばについて書かれているので転記させていただきますね。

道頓堀の中華そばについて

道頓堀が求め続けているのは、安全で、お客様が何度でも食べたくなる飽きのこない味です。

それを実現するために、厳選した素材で、味のバランスを第一に考えて作っています。

こってりしているわけでもなく、あっさりしているわけでもなく、しょっぱすぎず、辛すぎず、やさしくも懐かしい出汁の香りを楽しめるスープ。

そのスープに優しくよりそう自家製麺。
どちらか一方が主張しているわけでもなく、ひとつになっている。


一度食べたら、また食べたくなる。
前を通ると、また食べたくなる。
懐かしい気持ちになれる。
けれども、古くない。
古くないけど、新しすぎない。

そんな中華そばです。

 
(道頓堀オフィシャルサイトより) 

ああ、すごいわかる...。

全てにおいて絶妙なバランスで成り立っているラーメンなんですね。
老舗だけど古くならない。
そこには店主のこだわりがぎっしりつまっているようです。


道頓堀(どうとんぼり)

板橋区成増2-17-2

営業時間: 11:40~14:30頃、17:00~20:30頃(いずれもスープがなくなり次第終了)

定休日:水曜・木曜(ただし第2木曜日・第4木曜日の昼のみ営業)

席数:20席 (カウンター10席+テーブル10席(2人席×2 4人席×2))

喫煙・禁煙: 完全禁煙

オフィシャルサイトはこちら

食べログはこちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ