こんにちは。
編集長のちゅうぞうです。

2019年3月17日に開催された「板橋CITYマラソン」で初めてのフルマラソンに挑戦してきました。


◇関連記事
「板橋CITYマラソン2019」が3月17日(日)に開催。いたばし部でも初マラソンに挑戦します。


当日の朝。
蓮根駅から会場に向かったんですけど、ランナーと思われる人たちであふれていました。

IMG_9070
荒川土手の階段を上がると、

IMG_9079
わ!めっちゃにぎわってる!

板橋CITYマラソンってこんなにすごいイベントだったんですね。
テレビも入ってるみたいで、芸能人の方とかも中継してました。

IMG_9345
出店もたくさん。

IMG_9111
スタート前にはエアロビクス的なノリでマラソン体操。

本当に走れるんだろうか…?という不安を和らげ、気持ちも軽くなれました。

IMG_9098
今回は、主宰している大人の部活動「いたばし部」の有志メンバーと一緒に参加。

全員が初マラソンです。
30代から40代の、マラソンにはさっぱり縁がなさそうな人たちばかり(僕もだけど)。

この人たちが完走できたら、勇気を与えられそうな気がします(笑)

IMG_9139
いたばし部の応援組は横断幕を作って駆けつけてくれました。
いい大人が本気を出して遊ぶ部活なのです。

◇関連記事
【満員御礼】板橋を楽しみつくすためのオトナの部活動「いたばし部」を試験的にはじめます。部員募集!

IMG_9134
スタート時間の9時になったのだけど、最後尾は大渋滞。
スタートラインに到達するまで20分ほどかかりました。

IMG_9148
スタートラインまで来ると、元オリンピック選手の土佐礼子さん、板橋区観光大使の杉浦太陽さん、そして坂本区長とハイタッチ!

区長の手はとても大きかったです(笑)

IMG_9155
スタート地点を過ぎると、いよいよ走り出します!

IMG_9158
みんな元気に走ってたなあ、この時は……(笑)

IMG_9172
スタートから4キロを超えたあたりで最初の給水ポイント。

IMG_9178
干しぶどう。

IMG_9182
すごく天気がよくて、マラソン日和でしたね。

IMG_9183
岩渕水門。

IMG_9186
沿道では、いろんな人が応援してくれます。

IMG_9189
マンションからはちびっ子が「がんばれ〜」って声援を送ってくれます。
ちゃんと聞こえていましたよ!

IMG_9341
怪我をした時のための救護所はコース内にたくさんありました。
待機している時も、大きな声で応援してくれてましたね。

IMG_9193
給水ポイントは数キロごとに、ちょいちょい現れます。

IMG_9199
水を含ませたスポンジを手や頭にかけて、リフレッシュもできます。

IMG_9202
まだスタートから10キロぐらいだけど、先頭のランナーはもう折り返してきました。はやっ!

※板橋CITYマラソンは、同じ道を折り返すコース。

IMG_9205
プライベートで応援してくれてる方々でしょうか。
お菓子を配りつつ励ましてくれます。

IMG_9215
給水ポイントに置いてあるものは、ポイントごとに違います。

IMG_9220
バナナ。

IMG_9223
お菓子など。
次は何が置いてあるんだろう、とワクワクするんですよね。

IMG_9231
マラソンには制限時間があって、中間地点では3時間30分経過すると、門が閉まってしまいます。
(トータルの制限時間は7時間)

僕は3時間27分にギリギリで中間地点を通過して折り返し。
あっぶね〜!

IMG_9236
たまにですが、ランナーとタッチして応援してくれる人も出現します。
この方は狼スタイルでした(笑)

IMG_9238
チョコパンやクリームパン。

IMG_9245
この方はギター片手に歌で応援してくれました。
ちなみに通った時に歌っていたのはキロロの「未来へ」。

IMG_9249
途中で、いたばしTIMES編集部のしのりさんが応援に駆けつけてくれました。

こんな風にランナーの家族や友人が応援にきている様子をたくさん見かけましたよ。

IMG_9251
後半の給水ポイントでおにぎりが出てきた時はテンションあがりました。

長時間走ってるとフツーにお腹空くんですよね。

IMG_9254
30キロ過ぎてからがけっこうきつい。
このあたりからは歩け歩け大会になってたような…。

IMG_9256
そんな時、「ロッキーになれ」と書かれた紙とともに、大音量でロッキーのテーマを流してくれる人が出現。

元気が湧いてきて、再び走り出せました(笑)

IMG_9257
残り3キロあたりで、印象的な場面に遭遇しました。

けっこうな年配の男性ランナーが棄権していたのです。

どこか怪我をした様子ではありません。
「今年はここまででいいや」
みたいな会話をされていました。

はたから見れば、あと3キロだし完走までもうちょいだからもったいない、と思うのですが…

「もう十分楽しんだから」と笑顔で去っていきました。


マラソンの楽しみ方は人それぞれ。
速く走ることもその一つ。
コスプレするのも、完走にこだわることも、もちろん応援することも。

いろんな人がいろんなスタイルで板橋CITYマラソンを楽しんでいるんですね。
いいなあ、こういうの。

IMG_9381
僕はなんとか制限時間内にゴール。
いたばし部のメンバーも全員が無事に完走できました。

こんなに人から応援されたのはいつ以来だろう…。
まるで大人の大運動会みたいですね。


想像していたよりもずっと楽しかったです。
板橋CITYマラソンに関わった皆さま、本当にありがとうございました!



◇関連記事
いたばし部のマラソン挑戦が2019年1月23日の東京新聞の朝刊に載ってた。



いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ