読者さまから教えてもらったんですが、小茂根に卵の自動販売機が出現したという情報が...!

写真 2018-09-07 15 37 55 (2)
自販機と聞いて、つい見慣れたジュースのタイプを想像してしまいましたが......
さすがに違います。(当たり前か)

地図ではここ↓

板橋区小茂根4-1-1です。環七通り沿い。

写真 2018-09-07 15 40 01
向かって右は、近くに「びっくりドンキー」、石神井川を通り、川越街道へと続きます。

写真 2018-09-07 15 39 46 (1)
その反対側は、大きな交差点を過ぎれば練馬区ですね。

写真 2018-09-07 15 26 18
これが卵の自動販売機!

「株式会社 赤城鶏卵 東京営業所」が運営しています。

写真 2018-09-07 15 26 28
ドアを手動で開けると......

写真 2018-09-07 15 37 07
おお!
たしかに自動販売機。

写真 2018-09-07 15 35 45
購入方法も書かれています。

写真 2018-09-07 15 34 57
珍しいのは「初卵」(16個250円)と呼ばれるもの。
若鶏が卵を産み始めてから2週間位までの卵らしい。

写真 2018-09-07 15 36 42
初卵は小さいのが特徴。

元気いっぱいの若鶏が生んだ卵、これは卵かけご飯にしたい...。

写真 2018-09-07 15 36 29
他にも10個300円や20個500円があります。

この自動販売機を運営している株式会社 赤城鶏卵の大塚さんに軽くお話を聞くことができました。

こちらの東京営業所は最近建て替えたらしく、そのタイミングでついでに卵の自動販売機を作ったそう。

都内では珍しいですが、地方では卵の自動販売機は珍しいものではないんですって。

写真 2018-09-07 15 26 41
自動販売機の隣にある赤城鶏卵の東京営業所があります。
(その隣のドアは一般の方の住宅なのでピンポンするのはNGです)


群馬で採れた卵は早朝にこの東京営業所に到着します。
そのタイミングで朝4時30分頃に自販機に補充するそう。
めっちゃ新鮮ですね!
(2回目の補充は15時頃)

写真 2018-09-07 15 35 34
自販機を開始したのは2018年9月2日。
実際売れてるんですか?と聞いてみると...


けっこう売れてるらしい!


地域の方々が買ってるらしいですよ。

新鮮な卵の自動販売機。
ぜひ試してみてください。


※読者さま、情報提供ありがとうございました!

株式会社 赤城鶏卵 東京営業所

板橋区小茂根4-1-1

営業時間:24時間営業(自動販売機)




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ