みなさん、こんにちは。
桜よ散らないで…と願ってやまない谷川さや花です。

私、地味に収集癖というかコレクション欲があります。

それで、せっかくいたばしTIMESで書くなら「何か板橋にまつわる収集がしたい」と考えていたんですが、ひらめきました!


それは郵便局の風景印


<風景印とは>

正式名称は「風景入通信日付印(ふうけいいりつうしんにっぷいん)」。

その便局にゆかりのある風景や名所が描かれた消印のこと。



旅先から送るポストカードや結婚式の招待状発送のときに使う人が多い風景印。

日本全国の風景印となると気が遠くなりそうだけれど、板橋区内ならイケるのでは?と思って調べてみました。

すると板橋区の風景印は全14種類

S__6463588

イケる!
これはのんびり集めるのにも鑑賞するにもちょうど良さそうな数!

ということで、これから板橋区の風景印コンプリートまでを記事にしていきたいと思います。

風景印の紹介とプラスアルファの何かを紹介していけたらいいなぁ。



さっそく記念すべき1回目は、板橋郵便局です。

地図ではここ↓

板橋区板橋2-42-1です。

画像1

夜間や早朝、休日もゆうゆう窓口で対応していただけるので、私もよくお世話になっていますが、風景印をもらうのは初めて!


私:「風景印をいただきたいのですが…」


局員さん:分かりました。風景印の捺印条件としまして63円以上の郵送物もしくは切手への消印となります。いかがなさいますか


風景印はあくまで消印のため、郵送物がない場合は63円以上の切手を買って貼って押してもらうかハガキを買って押してもらうかの二択。

私はハガキに押してもらうことにしました!

S__6471682


すると出てきました。
風景印スタンプセット!

局員さん、ご丁寧にメモ用紙に試し押しをした後、ハガキにポンっときれいに捺印してくださいました。

局員さん:こちらが当局の風景印でございます

画像2

なんということでしょう。

まさか、郵便局で老舗の料亭のようなお言葉をかけていただけるとは。


記念すべき一つ目ゲットです。嬉しい!

せっかくなので風景印の景色を拝みに仲宿商店街に寄ることに。

画像3
仲宿商店街のアーケードってなんか好き。

画像4
途中、和菓子屋「新月堂」さんでいたばし最中道中お達者でを購入。

画像5
遠くから遊びに来てくれた友人には、このお土産を渡すのが定番です。

画像6
いたばし最中にはちゃんと「いたばし」の文字があります。

画像7
中身は程よい甘さのあんがたっぷり。

画像8
道中お達者でにも板橋の絵が。かわいい!

画像9
中身は栗と白あんです。

画像10
風景印の「板橋」。

画像11
この日の板橋からの景色。
桜が夕陽に照らされていました。

画像12
風景印をもらって散歩をすると、昔の人たちもこの景色を見ていたのかな~なんていうちょっとした旅気分を味わえました!

次回はどこの風景印をもらいにいこうかな~。


画像13



<この記事を書いた人>

谷川さや花

★Twitterゆるゆると始めました。ぜひ板橋情報を分け合いっこしてください!
https://twitter.com/tanikawasayaka





いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ