板橋を知り尽くした男、「これでいいのか板橋区」を執筆した荒井氏と仲宿・大山で飲んだことがありました。

その時に”行くべきお店”を聞いて出てきたのが、以前紹介した『伸龍』と今回紹介する『喜龍園』だったのです。

奇しくも、2店とも大山を代表する町中華ですね。

◇関連記事
大山の町中華『伸龍』手打ち感がありすぎる昭和ラーメン。ふぞろいの麺は狙っているのか?聞いてきた。

写真 2016-12-14 18 48 35

地図ではここ↓

住所は板橋区大山東町56-9です。

写真 2016-12-14 18 48 23
遊座大山商店街から餃子の王将と眼鏡市場の間を曲がったところ。

写真 2016-12-14 18 48 52
お店に向かって左は健康長寿医療センターのある通りへと続きます。

写真 2016-12-14 18 48 48
料理100品以上!
もうなんでもできると同意な気がします(笑)

写真 2016-12-14 18 49 03
店頭に並ぶ、とんでもないメニュー表。
飲食店は専門店志向という時代の流れを吹き飛ばすインパクトですね。

写真 2016-12-14 18 49 24
荒井氏からは明確にメニューを指定してもらっていました。
それが、「ニラそば」(730円)です。

写真 2016-12-14 18 52 09
入口のビジュアルからは想像以上に広々とした店内。
35名まで入るそう。

写真 2016-12-14 18 51 22
メニュー。
すごい!びっしりですね。

写真 2016-12-14 18 51 32 (1)
一品料理が100円台からあるのがうれしい。

写真 2016-12-14 19 07 56
壁にもメニューがズラリっ。

写真 2016-12-14 18 56 43
100種以上あるメニューから迷わず「ニラそば」(730円)をチョイス。

写真 2016-12-14 18 56 51
うぉ!
肉とニラの山がこんもり。

写真 2016-12-14 18 57 18
ベースはあっさりめのしょうゆ味ですが、炒め油の香ばしさがしっかりとスープにのりうつっています。

写真 2016-12-14 18 58 28
肉ニラをひとくち食べてみると...

むほぅ!
やばっ。

男子の心を鷲づかみにするゴマ油&ニンニクのゴールデンコンビ。

スタ丼を初めて食べた時の感動が今よみがえります(笑)

写真 2016-12-14 18 57 42
麺は主張しすぎないスタンダードな麺。

肉ニラ→麺→肉ニラ→麺のちょっと食い気味でつなぐ黄金リレー。
(たまにスープすする)

なんとも板橋らしい至高のB級グルメですね。
はい。リピ確定。



※荒井さん、情報提供ありがとうございました!そして次の宿題をください(笑)

荒井氏が執筆している「これでいいのか板橋区」↓

私もこの本で板橋を学びました(笑)

喜龍園(きりゅうえん)

板橋区大山東町56-9

営業時間:
[月~金] 11:00~15:30 17:00~23:30(L.O.22:15)
[日] 11:00~23:00(L.O.22:00)

定休日: 土曜

席数: 35席

喫煙・禁煙: 喫煙可

食べログはこちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ