こんにちは。
ライターのATSUKOです。

甘いモノ好きのワタシ(^-^;
6月になると、和菓子の「水無月(みなづき)」が食べたくなります。

IMG_7511

水無月とは

6月の神事、宮中行事に由来するとも言われる和菓子です。

三角形は氷室の氷をあらわし、小豆は邪気を祓うといわれています。

独特なコシのあるもちっとしたういろうは素朴な甘さで、さわやかな涼を感じられます。

(「とくたけ」の店頭のポスターから)

20190602121920

関西ではポピュラーなお菓子で、スーパーでもザクザクと売られています。

ちょうど、お彼岸のおはぎや、端午の節句の柏餅のような季節菓子です。


でも関東では少ない。
毎年、池袋のデパ地下を回ってみますが、有名な和菓子屋さんでも扱っていなかったりします。



では、板橋区ではどうなのかな?


区内の和菓子屋さんを巡ってみました。



【とくたけ:仲宿】

IMG_7505
仲宿商店街と国道17号をつなぐ通りにあります。

地図ではココ↓

板橋区仲宿55-7です。

とくたけ
店頭にも水無月の説明がありました。
ホントにもっちりとした食感が楽しめました。
(1コ150円)

IMG_7503
ご主人にお話を伺いました。

手間はかかるけれど、季節感を大事にできるので、自分の代から始めています

とくたけ

板橋区仲宿55-7
03-3962-4549

営業時間:8:00~20:00

定休日:木曜日

公式サイトはこちら





【菓匠 新月堂:仲宿】

IMG_7838
仲宿商店街のスーパーライフの向かいです。

地図ではココ↓

板橋区仲宿55-11です。

IMG_7842
透明感があって、氷のイメージがします。(1コ195円)

IMG_7836
奥様にお話を伺いました。


「夏越しの祓いで水無月を食べて、残り半年の無病息災を祈る。
和菓子にそんな力があるなんて、ステキだと思いますよ」



そうですね。
水無月を食べると、あと半年~、と思います。

菓匠 新月堂

板橋区仲宿55-11
03-3961-2025

営業時間:9:30~20:00

定休日:水曜日

公式サイトはこちら





【御菓子司 小川家:蓮根】

IMG_7798
植村冒険館と同じ通りにあります。

地図ではココ↓

板橋区蓮根2-17-8です。

IMG_7824
黒糖をベースにしています。ういろうはとても柔らかでした。(1コ130円)

IMG_7796
ご主人にお話を伺いました。


「水無月を関東の人に知ってもらいたくて始めました」


そもそも、ういろうは西のもので、関東にはなじみが薄いのだそうです。

あら、そうなんですね!
ワタシは好きですよ~ういろう。

御菓子司 小川家

板橋区蓮根2-17-8
03-3966-1355

営業時間:8:30~19:00(日曜日~18:00)

定休日:火曜日





【御菓子処 岡田屋:大山】

IMG_7346
ハッピーロード大山にあるお店です。

地図ではココ↓

板橋区大山町6-1です。

IMG_7359
ういろうに小豆が乗った正統派。
2年くらい前から季節商品として始めたそうです。(1コ130円)

御菓子処 岡田屋

板橋区大山町6-1
03-3956-4208

営業時間:9:30~20:00

定休日:火曜日





【御菓子司 泉屋:ときわ台】

IMG_7815
ときわ台駅北口ロータリーにあるお店です。

地図ではココ↓

板橋区常盤台1-2-2です。

IMG_7829
もっちりとした食感だけでなく、ういろうの独特の風味が味わえました。

茶道の先生に頼まれて作るようになったとのこと。
なるほど、お茶席の季節感を演出しているのですね。

(1コ180円)

IMG_7813
泉屋さんの店頭ウィンドウには、お菓子の木型がたくさん飾られています。

御菓子司 泉屋

板橋区常盤台1-2-2
03-3960-3677

営業時間:9:00~20:00

定休日:無休





【ひと本 石田屋:上板橋】

IMG_7666
上板橋駅南口の商店街にあります。

地図ではココ↓

板橋区上板橋2-32-16です。

石田屋
三角形を2つ組み合わせて四角形に。

味も白ういろうにあずきを乗せたものと、黒糖のういろうに栗を乗せたものの2種類。

黒糖ういろうの方が甘めでした。

(白ういろう×2、黒糖ういろう×2、白と黒糖×1 合計5コ入りで350円
写真右は、一口サイズを集めて130円)

※水曜日は水無月の販売はありません。

IMG_7751
午前中に行ったら、名物のどら焼も買えました(^-^;

ひと本 石田屋

板橋区上板橋2-32-16
03-3933-3305

営業時間:8:45~17:45

定休日:火曜日

公式サイトはこちら




【おわりに】

ようかんほど甘くなくて、もちもち感も楽しめる水無月。

氷室の氷をめでる宮中行事が発祥だから、やはり関西の味なのかな。

でも板橋区にも、いろいろなお店に水無月がありました。

まだ回り切れていないお店もあると思います。
どのお店も6月の季節商品なので、また来年も探したいです。




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ