新板橋駅近くって居酒屋たくさんありますよね。

その中でもひときわ存在感の高い大衆居酒屋『ニュー加賀屋』。
加賀屋ってなにげに都内に50店舗ぐらいあるんだって。

ここ板橋って実は加賀屋の発祥の地って知ってました?

写真 2016-03-31 21 59 13


場所は新板橋駅から歩いて数分のところ。
近くにはドコモショップや洋包丁があります。



この白い看板が妙に落ち着く↓
写真 2016-03-31 21 59 23

店内にはカウンターとテーブル席、広いお座敷があります↓
写真 2016-05-24 22 21 48


店内メニュー表↓
写真 2016-03-31 22 02 04

加賀屋名物のもつ焼・串焼↓
写真 2016-03-31 22 02 21

2本よりご注文くださいって書いてあるけど、1本からでも大丈夫でした。

このお座敷には板橋らしさが凝縮されている...↓
写真 2016-05-24 22 18 27

お座敷は広めに席が作られているので、けっこうくつろげます。

店内に所せましと貼ってあるメニューたち↓
写真 2016-05-02 21 32 27

200円台のメニューもけっこうありますよね。

ある日のお通し↓
写真 2016-03-31 22 02 46

お通しがサザエってテンションあがりません?

とりあえずのトマト↓
写真 2016-05-02 21 34 28

いかの塩辛↓
写真 2016-05-02 21 39 43

名物の煮込み↓
写真 2016-05-02 21 35 15

数ある加賀屋の中でも一番濃厚との呼び声高い板橋店の煮込み。

写真 2016-05-02 21 35 28

ちょっと見えづらいですが、大きい豆腐も入ってます。
煮込みにビール、最高!

たまご焼き↓
写真 2016-05-02 21 38 43

クリームチーズの味噌漬け↓
写真 2016-05-02 21 38 51

鶏のから揚げ↓
写真 2016-05-02 21 39 35

おもち揚げ↓
写真 2016-05-02 21 48 09

エリンギ塩焼き↓
写真 2016-05-02 21 55 47

モツ焼き↓
写真 2016-03-31 22 15 34

呑んべえの好きそうな物はとりあえず何でもありそう...。
THE・板橋って感じ。

実際、板橋って加賀屋の聖地と言われているんだって。
昭和39年に板橋で「喜多八」という居酒屋を開業した方が、加賀屋の創業者・木村氏を能登から板橋に連れてきたという逸話があります。
翌昭和40年に「加賀屋」として1号店を板橋駅前で開業したみたい。

「加賀屋」はのれん分けにより店舗数が急増。
板橋の本店は立ち退きにより閉店し、その後現在の場所にのれん分けのお店として『ニュー加賀屋』が生まれたらしい。

だから聖地なのに”ニュー”がつくんですね。
加賀屋の系譜は、大山の鏑屋にも受け継がれています。

過去記事:超絶人気の大衆居酒屋・大山『鏑屋』ってどんな店?


人に歴史あり。
そこには板橋を舞台にした人間ドラマがあったんでしょうね。

ニュー加賀屋 板橋店

板橋区板橋1-49-13
03-3963-5531

営業時間:17:00~23:30

定休日:無休

席数:55席(カウンター11席、テーブル席4席、座敷40人まで)

食べログはこちら