こんにちは。
志村担当しのりでございます。

若木にある小宮商店で「第一回 いたばし粉倶楽部」を開催しました。

IMG_4590
小宮商店は小麦粉専門問屋なのです。 

今回のイベントは、いたばしTIMESツイッター内の企画「いたばしココどこでしょ」の発見隊メンバーのオフ会でした。

地図ではここ↓

住所は板橋区若木1丁目2-2です。

内容は「日本の小麦粉でうどんを打って食べてみよう!」です。

IMG_4748
発起人・麺打ち指導は「NO UDON,NO LIFE」Tシャツがお似合いのうーろんさん(右)。

講師は小宮商店の丸山さん(左)。

IMG_4589
栃木県・笠原産業株式会社さんの「イワイノダイチ」という小麦粉を使用しました。

IMG_4734
まずは200gの小麦粉を計るところから。
ぴったりになるよう、子どもたちも必死です。

IMG_4735
塩水(濃度10%くらい)を混ぜます。
見よ!先生の手さばきを!

IMG_4749
ほろほろつぶつぶにしたいのに、私のはパン生地みたいにまん丸。

大丈夫!ちゃんとうどんになりますから!」と先生の強いお言葉を信じることに。

IMG_4736
ある程度手でこねた後は「足踏み」。

みんなでふむふみ。
いい感じで運動になります。

翌日、お尻が筋肉痛になった人が2名おりました。(私含む)

IMG_4737
キレイに丸く成型して、

IMG_4738
30分寝かせる工程へ。

ここまで1時間半経過。
ちょっと子どもたちはお疲れモード。

IMG_4750
寝かせている間に、小宮商店の丸山さんに

・小麦粉と米の違い
・小麦粉の種類
・イワイノダイチの美味しい使い方


など講演していただきました。
丸山さんのお話は面白くて30分があっという間!

IMG_4753
次は伸ばして切る工程。

IMG_4755
大人も子どもも真剣(マジ)です!

IMG_4746
手早い先生の手際を子どもたちが覚えてくれていて、忘れっぽい大人たちに手ほどきしてくれました(笑)

IMG_4756

「イワイノダイチ」とは別の小麦粉で打ったうどんを用意してもらったので、みんなで試食することに。(自分で打ったうどんは持ち帰り)

左)「農林61号」を主にブレンドしたうどん

右)日清製粉の高級讃岐うどん用「金斗雲」

色も違いますが、歯ごたえも風味も全然違う!
びっくりするぐらいどっちも美味しい!

IMG_4747
みんなの箸が止まりません(笑)

IMG_4758
だし醤油や、肉うどん、お好みでトッピングしてぺろっといただいちゃいました。

美味しかった〜。
本当に楽しい時間でした!

IMG_4723
自宅でも自分で打ったうどんを食べました。
先生のうどんには程遠いけど、美味しかったです。

参加されたメンバーは次の日も自宅でうどんを打った人や、応用した「すいとん」を作った人も!
がっつりインスパイアされたみたい(笑)

IMG_4719
小宮商店の丸山さん。
イベントにご協力いただき、ありがとうございました!

丸山さんは「粉のまるちゃん」というサイトを運営されています。
小宮商店さんで行われる「流しそうめん」や直売会も運営されているんですよ。

今後も<いたばし粉倶楽部>としてイベントを計画中。



いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ