ハッピーロード大山の「銀扇」で裏メニューの”特厚”のとんかつを食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする
ハッピーロード大山商店街にある「とんかつ・豚しゃぶ・創作料理 銀扇」(ぎんせん)に行ってきました。

IMG_4085

スタッフさんから聞いた話によると、銀扇には裏メニューで超極厚のとんかつがあるらしい。

地図ではここ↓

板橋区大山町6-9です。

IMG_4089
お店に向かって左は大山駅が近いです。

IMG_4088
右側は川越街道に続きます。

IMG_4033
店内のようす。
テーブル席が2列並んでいます。

透明な仕切り板が設置。
コロナに配慮されているんですね。

IMG_4026
メニュー。

厚切」とか「特上」は載ってるんですけど、これを超えるとんかつがあるみたい。

IMG_4025

いろんなブランド豚を揃えているのが銀扇の特徴。

他にもエビフライやカツカレー、豚しゃぶなど気になるメニューがたくさんあります。

ランチにはお得な定食メニューも。

3
裏メニューの厚いとんかつをお願いしていいですか?」と聞いたら、揚げる前にお肉を見せてくれました。

これで1人前。
360gあるそうです!

味彩豚(あじさいぶた)っていうブランド豚を使用。
旨味が濃いんですって。

IMG_4043
厚切りを超える極厚のとんかつ。
その名も…特厚!

特上の厚切りだから特厚
(税込3064円)

6
見たことない巨大なとんかつ

もともと宴会メニューで、何人かでシェアして食べるものだったらしい。

しかし、宴会後にこの特厚のとんかつを一人占めしたいお客さんが続出。

調理に時間がかかるため、メニューには載せていませんが、知る人ぞ知る裏メニューになったのだとか。
※要予約

7
この断面の美しさ!

まずは何もつけずに食べるのがオススメ。

とても柔らかく、口の中で肉汁があふれます。
めちゃくちゃ美味しい!

9
ソースでも美味しいし、

13
塩だけふっても最高にうまいです。

14
ソース&からし。

15
塩&レモン。

一切れ一切れ、組み合わせをカスタマイズするのも楽しいですね。

16
端っこの脂身の多い部分は醤油と七味唐辛子で。
最高だな(笑)

2
社長の大野さんにお話を聞けました。

銀扇の開業は1990年。
今年(2020年)でちょうど30年になるそうです。


とんかつは豚肉だから火を入れなきゃというイメージがありますよね。

もちろん実際に入れてるわけですが、火を入れすぎるとパサパサになってしまいます


8

限界まで肉汁を肉の中に留めておく。

それを突き詰めてこの形になりました


肉本来の柔らかさと旨みを引き出しているんですね。
プロの技だなあ。


この裏メニューの特厚は要予約
お腹を空かせて行ってみてください。



今回の体験をYouTubeにアップしました。
ど迫力の特厚とんかつを美味しくいただきました。

とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇(ぎんせん)

板橋区大山町6-9

営業時間:11:30~14:30(LO)、17:30~21:00(LO)

定休日:なし

喫煙・禁煙:禁煙

公式サイトはこちら
食べログはこちら

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ