赤塚公園アートウィーク「東京五感公園」が2020年10月24日〜31日に開催。展示作品の公募が始まってる。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

赤塚公園アートウィーク「東京五感公園」が2020年10月24日〜31日に開催されます。

113945848_4134217946653450_3762195598270817673_o

東京五感公園

日にち: 2020年10月24日〜31日

場所: 都立赤塚公園 噴水広場・サービスセンター付近(板橋区高島平3-1)

Facebookはこちら

地図ではここ↓

三田線・高島平駅が近いです。

72556725_3150592248349363_3540488820816347136_n
(以下、過去に開催された時の写真)

2019年3⽉「公園」×「アート」で⾚塚公園を楽しみたい!
そんなコンセプトから始まったアートイベント。

東京五感公園」という名は、普段そこにある公園を、五感を研ぎ澄ませてみると.…。
いつもと違った景⾊が⾒えるかもしれない…。そんな想いからでした。

公式Facebookより)

54212947_2568524756556118_6806763461754748928_n

このイベントも回を重ねて3回⽬。

新型コロナウィルス感染症という⾒えない敵との戦いは、多くの⼈にストレスを与え、⼈々の⽣活をも変えてしまいました。

55458151_2587067258035201_728253177241010176_n

しかし、公園はそんなときも変わらずそこにあり、時にオアシスとなって我々を癒してくれました。

54436162_2556195581122369_6006771024861855744_n

イベント開催にあたっては、感染に関する懸念は払拭できませんが、コロナ禍においても【アートの感覚は失いたくない】。

54175284_2568524623222798_937110758171344896_n

距離を保ちながらアートを楽しむ方法をと、今回は公園を【park museum】とすることを企画。広く作品公募をすることにしました。

76180858_3155343444540910_1918176692686290944_n

〝アートをキーワードに自分の街の公園をもっと楽しみたい〟

〝アートと自然の力を感じたい〟

〝アートで大切な人と一緒に楽しい時間を共有したい〟

52849493_2556195714455689_8676809118834491392_n

頭も心も柔らかくして、身近な公園を楽しむ。

そんな想いで少しずつ形にしてきたことが多くの共感をいただけたものと感じています。

53423793_2553535758055018_8511464564544503808_n

高齢化などの課題も抱える高島平ですが、あらたな一面の発信はこの地域の住民だけではなく、多くの人との結びつきや喜びを共有できるものと考え、この先も多くの方に楽しんでいただけるイベントとして、また赤塚公園が地域に根差し、ますます魅力的な公園になることを願っています。

東京五感公園」で展示する作品の公募もスタートしたようです。

2020-07-31 11.47のイメージ

<募集内容>
2020年10月24日〜31日に開催される赤塚公園アートウィーク「東京五感公園2020」。
過去2回の開催を経て、今年は緑豊かで広大な自然を持つ赤塚公園を舞台に『park museum』を展開します。
そこに展示するアート作品を募集します。

<テーマ>
「深呼吸」:公園に来て、空を仰ぎ、大きく深呼吸をしたら…。
そこで見えた景色ってどんなだろう…。その想いを作品にしてください。

<応募資格>
年齢不問/プロ・アマチュア問わず/団体・個人問わず。
ただし屋外展示に耐えうる作品であること。
赤塚公園アートウィークの募集要項の内容に同意いただけること。

<現地見学会>
2020 年 8 月 22 日(土)11:00-
・要事前申込。申込フォーマット peatixにお申込下さい。
→申し込みはこちら http://ptix.at/ZwXb5Z
・申込締切 :2020 年 8 月 21 日(金)21:00
・参加費:無料(公園職員によるツアー付き)
・集合場所までの交通費などは応募者負担となります。
・現地見学会に参加しない方でも、作品応募は可能です。現地見学会への参加の有無は、審査に影響ありません。

詳細は公式サイトでチェックしてください。
こちら

そのコンセプトや表現に、いつも共感してしまう東京五感公園。

屋外展覧会という形で開催と聞いてなるほどと思いました。

頭も心も柔らかくする。
こんな状況だからこそ大切にしたいですよね。

どんなアートウィークになるのか、今から楽しみです。

◇関連記事

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ