板橋3丁目『喜多方屋』は都内で初めて喜多方ラーメンを出したお店だって知ってた?

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする
新板橋と板橋区役所前の中間にある旧中山道沿いに、その道では有名な『喜多方屋』というラーメン屋さんがあります。

このお店は都内で初めて喜多方ラーメンを出したお店として、ラーメン界にその名が轟いているお店。

店主が喜多方出身の方らしく、麺も醤油も喜多方のものを仕入れて使っているらしい。
東京でどうしても喜多方ラーメンが食べたくなり、自らお店を出してしまったという偉大な方。
もう創業してから40年ぐらい経つようです。

写真 2016-06-23 13 18 02

場所は不動通り商店街の入り口に近いです。
ステーキせんごく、ボンベイパレスの並び。


なんか江戸時代を連想させる外観↓
写真 2016-06-23 13 18 19

ランチメニュー↓
写真 2016-06-23 13 18 34

店内にはカウンター、テーブル席、小上がり席があります↓
写真 2016-06-23 13 20 19

なんか畳の席があるって地方のラーメン屋っぽい。
これなら子ども連れでも大丈夫ですね。

宇宙飛行士の金井さんも来たんですね↓
写真 2016-06-23 13 20 30

いろんな有名人の方が訪れています↓
写真 2016-06-23 13 22 26

店内メニュー↓
写真 2016-06-23 13 21 32

今回は喜多方ラーメンのランチセット(焼きめし)をチョイス↓
写真 2016-06-23 13 28 08

まずは焼き飯が到着。
ハーフサイズだけど、ボリューミーです。

喜多方らーめん↓
写真 2016-06-23 13 30 30

なんか昔ながらのらーめんっぽい雰囲気ある。
スープはすごい澄んでますね。

写真 2016-06-23 13 30 38

イマドキのラーメンはこってり派が主流なので、こういうラーメンはほっとするかも。

写真 2016-06-23 13 31 32

あっさりしているようだけど、味は濃いですね。
会津の醤油を使ってるからでしょうか、会津出身の人が食べると懐かしいと感じるみたい。

写真 2016-06-23 13 30 52

麺は喜多方らしい平内のちぢれ麺。
この麺が喜多方らーめんの醍醐味ですよね。

写真 2016-06-23 13 31 10

写真で伝わらないと思いますが、けっこうな厚みとホロホロ具合。
チャーシューが美味し過ぎて、単品でテイクアウトもやってるらしい。

ランチは地元の人ですごいにぎわっています。
愛されているんですねぇ...。

そもそも喜多方ラーメンってどういうラーメンかわかりますか?
ちょっと調べてみました。

喜多方ラーメンとは?

喜多方ラーメン(きたかたラーメン)とは福島県喜多方市発祥のご当地ラーメン(ご当地グルメ)である。
2006年(平成18年)1月の市町村合併前の旧喜多方市では人口37,000人あまりに対し120軒ほどのラーメン店があり、対人口比の店舗数では日本一であった。札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられている。



特徴

スープは醤油味の透明な豚骨スープが基本で、あっさりした味わいである。豚骨のベースと煮干しのベースを別々に作り、それらをブレンドしたものを提供する店もある。醤油味がベースだが、店によっては塩味や味噌仕立てなど千差万別である。 麺は「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれ、幅は約4mmの太麺で切刃番手は12番および14番のが使われ、独特の縮れがあり、食感は柔らかい。具はチャーシューを主として、ねぎ、メンマ、なるとなどが一般的な構成である。

(ウィキペディアより)


喜多方ラーメンって一時ブームになった時ありましたもんね。
でも、喜多方屋さんの現在の繁盛ぶりが一過性のブームではなかった何よりの証拠ですね。

夜は居酒屋使いする人も多いらしく、「馬刺し」が人気メニューなんだとか。


喜多方屋

板橋区板橋3-27-3
03-3964-5874

営業時間:11:30~14:00、18:00~21:50

定休日:日曜

食べログはこちら