板橋区役所「書かない窓口サービス」スタート!

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

板橋区役所で「書かない窓口サービス」がスタートしました。

(出典:以下画像、板橋区手続きナビ(事前入力)サイト

2023年8月21日にサービス開始されています。

今回新たに、戸籍住民課における住民異動届や各種証明書の申請に必要な手書き負担軽減や、各種ライフイベントに関連する必要な手続などの確認ができる「書かない窓口サービス手続ナビ/事前入力)」を開始します。

板橋区公式サイトより

あらかじめWEB上で必要事項を入力しておくことで、区役所に行った時に必要事項が印字された届書や申請書類が使えます。

手書きする部分を減らせるサービスですね。

区役所での手続きの際に必要な持ち物などの案内もしてくれます。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

7つの手続きに関して、実施されています。

手続き名称(回答所要時間の目安)
転入(8分)
転出(8分)
転居(6分)
婚姻(10分)
出生(5分)
離婚(12分)
死亡(6分)

WEB上での回答の画面はこんな感じ(転入を選択した場合)になります。

シンプルな質問を回答していくパターン、サクサク進められそうですね。
申請者の氏名など、手続きに関する事項を入力していきます。
最後に二次元コードが表示されるので、印刷するかダウンロードしておきます。

事前の作業はここまでです。

あとは区役所に行って、本庁1階戸籍住民課受付に設置されている、専用の機器※に二次元コードを読み取らせて、事前に入力した情報が印字された届書・各種申請書をゲットです。

※専用の機器は、区役所に設置があり、区民事務所にはないので要注意です。

ちなみに、WEB版以外に、LINE版の利用サイトもあります。

板橋区のLINE公式アカウントとお友達になっていると、LINEトーク画面に二次元コードが表示さるので、それを機器に読み取らせて使うことができます。

印刷やダウンロードの手間なくスマホで全部済むので、LINE公式とお友達の人にはこちらがおすすめです。

赤丸をつけたボタンから、LINE版の事前入力画面へ進めます。

家でゆっくり落ち着いて入力して、区役所ですることは必要最低限なことにしぼっておいたら、気持ちにゆとりを持って手続きに行けそうですね。

書類印字サービスというと、マイナンバーカードで住民票をコンビニのプリンターで発行できるサービスありますが、利用してみたらとても便利でした。

こういったサービスが広がって、手続きがスムーズになるのはよいことですね!

利用上の細かな注意事項など詳しくは板橋区役所公式サイトをご覧ください。
こちら


※読者さま、情報提供ありがとうございました!