成増駅北口のロータリーにとうもろこしが実っている謎を追ってみた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

ある日、衝撃の情報が飛び込んできました。

成増駅北口のロータリーにとうもろこしが実っている、と。

すぐに現場に向かいました。

改札を出て北口を出ると、

鳩がすごいです。

いろんなとこにいるなーと思ったら、こちらは作り物。

…そんなことはどうでもいいんです。

成増駅北口ロータリー。

最北とはいえここは東京23区。
本当にこのロータリーにとうもろこしなんて実っているのだろうか…。

あっ。

あった!
(場所は事前に聞いていました)

この形。

このモジャモジャ。

とうもろこしっぽい。

いったい誰が。
何のために…。

目の前は駅。
こんな駅前にとうもろこしが実っているなんて、誰が思うだろう。

信じがたい事実。

中を見てみたい衝動に駆られましたが、傷つけてしまいそうなのでやめておきました。

でも、これは人の手によるもの。
自生したわけではなさそう。

よく見ると他にもとうもろこしっぽい植物がいくつかある。

でも、実ってはいないんですよね。

秋の実りっぽい雰囲気は漂わせていました。

一人で考えていても何もわからない。
これは誰かに聞く必要がある。

でも、このロータリーには新しいお店ばかりで、老舗で話を聞けそうなお店とか見つからない…。

というわけで、駅員さんに聞きに行くことにしました。

「あのー、すみません。北口のロータリーにとうもろこしが実っているんですけどなんでか知ってますか?」

すると返ってきた答えは!

「駅構内のことではないのでちょっと…」

はい。
それはそうですよね。

結局、手がかりを何も掴めないまま諦めることに。

「全然追ってねーじゃねーか」
「もうちょっと追おうや」

そんな総ツッコミが脳内を巡ったのですが、やはり諦めることにしました。

駅前に実るとうもろこし。
成増は想像以上に奥が深いです。

※ABKMさん、情報提供ありがとうございました!

今回の内容を動画にしてみました。
よかったらご覧ください!