上板橋駅近くの平和公園内にオープンした新しい「板橋区立中央図書館」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

上板橋駅近くの平和公園内にオープンした新しい「板橋区立中央図書館」に行ってきました!

オープンしたのは2021年3月28日。
ついにですね!

地図ではここ↓

板橋区常盤台4-3-1です。

平和公園の中に中央図書館が移転してきました。
前の芝生で遊んでいたり、寝転んだり気持ちよさそう。
1階には「カフェ・ド・クリエ」もオープン。

館内に入ってみます。
(館長さんの許可を得て撮影させていただきました)

わ!素敵な空間。

優しい光、洗練されたデザイン。それにゆったりとした空間。
これは想像以上の図書館なのでは…!

1階から見て行きますね。

靴を脱いでゆっくり過ごせる「おはなしの部屋」。
イベントもここで行われることが多いみたい。
本町から移転してきた「いたばしボローニャ絵本館」。

約100カ国、70言語の海外絵本が揃っています。
他言語に翻訳された作品もあって、子供の視野が広がりそう。

板橋区と友好都市であるボローニャの文化を紹介する「ボローニャギャラリー」。
児童書がたくさん揃っている「児童コーナー」。
お母さんと小さなお子さんたちが楽しんでいました。

ベビーカー置き場なんかもしっかり用意されていて、優しさを感じるなあ。

各階に設置されている自動貸出機蔵書検索・予約システム(OPAC)
書籍消毒機なるものが設置されていて、今の時代ならでは。
図書館ホールでは、企画展示や上映会などが実施されていくらしい。
2階へ。吹き抜けになっていて気持ちいい!
インデックスコーナーでは、雑誌や新聞、新着図書、企画展示など、幅広く情報が発信されています。
ティーンズコーナーではその名の通り、10代にピッタリな雑誌やコミックなど。

堅苦しいものだけではなく、フツーに読みたいものが揃ってる印象。すごいな。

こんなテラス(にこにこテラス)もある!
青空の下、公園を見渡しながら読書できるとか最高だな。
2階フロアの中央から3階への階段。
ここホントに図書館だっけ?と思わせるオシャレさ。
1階・2階と比べて落ち着いた雰囲気の3階。
賑わいもデザインされてるんですね。
こんな机で勉強したいもの。
3階にもテラス席があって、軽くどこかのリゾート地に来たような錯覚さえします。

ああ、ここで読書にふけりたい…。

板橋区コーナーや、櫻井徳太郎(板橋区史の編纂を統括した人)コーナーでは板橋についての資料も豊富。
館内で最も静かな環境という「学習ルーム」。

精神と時の部屋を連想させるほどに静かで集中できそう。
安西先生、もはや勉強がしたいです。

いかがでしたでしょうか。
まだ紹介しきれなかった場所もけっこうあります。

快適な施設やデザインに目を奪われがちなんですが、そもそもの図書館として機能である蔵書の充実ぶりにも注目したいところ。

完全に想像を超えた素晴らしい図書館でした。
板橋区にとって誇るべき新たな名所が誕生した気がします。

Store 店舗情報

店舗名 板橋区立中央図書館
住所 板橋区常盤台4-3-1
営業時間

9:00〜20:00

定休日 毎月第2月曜(祝日の場合は翌平日)、毎月月末(3月を除き土日祝の場合は翌平日)、年末年始、特別整理期間
リンク
駐車場

自動車9台(うち1台は障がい者用)、バイク2台、入庫後30分無料、以降30分ごとに200円(バイクは100円)。
※できるだけ公共交通機関をご利用ください。

駐輪場

150台、入庫後2時間無料、以降8時間ごとに100円。

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!

いたばしTIMESへ広告を掲載しませんか?