新板橋『牛馬バルうち田』の【馬の中華そば】ってどんなラーメン?

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする
新板橋駅近くにある『牛馬バルうち田』ってわかりますか?

一度見たら記憶に残るお店だと思うんだけど、目立たないところにあるから知らない人も多いかも。
店名からもわかる通り、牛肉・馬肉ですが特に馬肉メインのバルです。

写真 2016-05-27 22 23 14

場所は新板橋駅A3出口から数分のところ。
ドコモショップ向かいの少し細い道に入ります。


極上の馬刺しとステーキの店↓
写真 2016-05-27 22 23 30

かなり期待感高まる看板してます。

店内の様子↓
写真 2016-05-27 22 24 19

テーブル席がメインでカウンター席もあります。

店内メニュー↓
写真 2016-05-27 22 27 58

豊富な馬刺しメニュー↓
写真 2016-05-28 0 03 10

こんなに種類があるものなんですねー。
タテガミ刺とか馬独特のメニューっぽい。

わかりやすく部位を説明したイラストも描いてあります。

「天國」っていうのは熊本で有名な馬肉料理のお店。
この「牛馬バルうち田」は姉妹店にあたるらしい。

写真 2016-05-28 0 03 15

馬のフィレステーキ、馬カルビの炙り寿司、馬刺しのカルパッチョとか名前だけでも引きつけられる...。

お通し↓
写真 2016-05-27 22 32 00

三枚バラ極上(1150円)↓
写真 2016-05-27 22 34 39

どの馬刺しを注文すればいいのか思考停止してしまったので、とりあえず一番高いのをチョイスしてみます。

写真 2016-05-27 22 34 55

すばらしいビジュアル...。
この柄でTシャツ作りたい。

写真 2016-05-27 22 35 58

バルらしくワインで馬刺し。
はい、最高です。

写真 2016-05-27 22 43 31

馬刺しの美味しい食べ方がPOPに書いてあったのでご紹介します。

<馬刺しの美味しいお召し上がり方>

馬の上質な脂は融点がとても低いため、半分凍らせた状態でお出ししております。

お口の中でとろける味わいをお楽しみ下さい。

当店の馬刺しの上質な脂は、すっきりとしたとても健康でヘルシーな味わいです。

うーん、確かにとろけます...。
幸せ。

自家製馬デミグラスのオムレツ(700円)↓
写真 2016-05-27 22 54 45

馬肉が溶け込んだこれもパンチ力のある一品。

そして、完全に心を鷲づかみにされてしまったメニューが↓
写真 2016-05-27 22 24 45

【馬の中華そば】ですよ。

ちょっと!それもう反則じゃないですか!?
注文せずにはいられないでしょ。

※今はラーメンのみの提供もできるようになったそうです

写真 2016-05-28 0 18 08

おぉ...、なんかこだわりを感じさせるビジュアル。

写真 2016-05-28 0 18 12

このスープの量の少なさに逆にプレミアムさを感じます...。
余計なものが何もなく、純粋に馬の風味を感じることができます。

写真 2016-05-28 0 18 31

ああ、この細麺と相性のいいこと。

写真 2016-05-28 0 19 06

馬肉って固いイメージあるけど、めちゃくちゃ柔らかくトロトロになってる。
すごく煮込んだんでしょうね...。

鶏とも豚とも牛とも違う、馬肉の旨みがしっかりめの醤油味にしみこんでいます。

〆に最高の一杯。
うち田のラーメンで〆るとオトナになった気分。
ええ、大人なんですけど。

お店にボクシングの写真が飾ってあったので聞いてみると、店主の内田さんは元ボクサーでけっこういいところまでいったみたいですよ。

牛馬バル うち田

板橋区板橋1-49-10
03-5944-1670

営業時間:
【火〜金】
18:00〜24:00
【土・日】
17:00〜24:00

定休日:月曜

席数:17席(カウンター5席、テーブル12席)

オフィシャルブログはこちら

食べログはこちら