蓮根の「ECHIGOYA五十嵐酒店」に板橋生まれのリキュール「TOM GIN」を買いに行ってきました。

IMG_5905
昔ながらの酒屋さん。
TOM GIN」を販売している貴重なお店でもあります。

◇関連記事
板橋生まれのリキュール誕生!坂下の「東京クラフトリキュール」に工場見学してきた。

地図ではここ↓

板橋区蓮根2-3-5です。

IMG_5906
お店に向かって右は、蓮根駅前通りの「蓮根二丁目」の信号機が近いです。

IMG_5901
店内のようす。

IMG_5896
お酒全般を扱っていますが、「禁断の酒・アブサン」「モルトウイスキー」などの洋酒を中心とした品揃え。

IMG_5894
BARが好きな方にはたまらないお店だと思います。

IMG_5884

IMG_5888
ワインも手頃なものから、高級ワインまで。

IMG_5890
アブサン売ってる酒屋さんって珍しいですよね。

IMG_5899
有料の試飲コーナーもあります。

IMG_5870
東京クラフトリキュールから2019年に販売開始された、板橋生まれのリキュール「TOM GIN」がばっちり揃ってます。

価格は大体6600円ぐらい。
(種類によって多少違います)

IMG_5878

IMG_5879

IMG_5875
こちらも東京クラフトリキュール発の和キュラソー。
価格は4560円のものがほとんどです。

IMG_5877

IMG_5876

店主の五十嵐さんにお話を伺うこともできました。

お店は1956年に創業。現店主は2代目です。

コンビニ・スーパーにはないお酒を揃えようとしていたら、珍しい洋酒が揃うこんなスタイルになっていったのだとか。

「TOM GIN」は遠くからも買いに来る人が多いそう。
板橋区で採れた果物で手作りした美味しいお酒だから、一度飲んでみてほしい」と言ってましたよ。

IMG_5914

僕は「TOM GIN #6 紫蘇」(6600円)をお酒好きな友人宅へのお土産で購入しました。

板橋区蓮根で採れた青紫蘇をたっぷり使い、ミョウガ、ショウガ、春菊、菊花、山椒、和ハッカ、柚子、クロモジと和の香りが総出演。



口の中で香りがブワーーーーッと駆け巡ります!



気安く購入できる価格ではないですが、価値のあるお酒だなあと思いました。

ちなみに同じ蓮根にある酒屋さん「酒道庵」(しゅどうあん)でも「TOM GIN」は販売しているみたいですよ。

(蓮根では和酒の酒道庵、洋酒のECHIGOYA五十嵐酒店と言われているらしい)


◇関連記事
板橋生まれのリキュール誕生!坂下の「東京クラフトリキュール」に工場見学してきた。
お正月に堪能する日本酒を求めて蓮根の「酒道庵」に行ってきた。

ECHIGOYA五十嵐酒店

板橋区蓮根2-3-5

営業時間:10:00〜21:00

定休日:日曜

公式サイトはこちら

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ