板橋オリめしを紹介していく企画。
清水町にある串揚げ・豚肉料理が人気の居酒屋「穂卓」にやってきました!

板橋区では、区内飲食店それぞれが考案する板橋オリジナルめしを販売する板橋オリめしキャンペーンを実施中。(公式サイトはこちら)


写真 2018-01-18 18 52 03
小路にひっそりとたたずむ「穂卓」。雰囲気ありますね。

地図ではここ↓

住所は板橋区清水町56-7です。
曙商店会沿い。ナショナルトレーニングセンターが近いです。

写真 2018-01-18 18 55 39
店内のようす。
カウンター、それにテーブル席もあります。

写真 2018-01-18 18 54 58
宴会が盛り上がりそうな小上がり。
子ども連れのお客さんも多いそうですよ。

写真 2018-01-18 19 31 31
メニューの一部を紹介しておきますね。

写真 2018-01-18 19 31 44
穂卓といえば串揚げ。
旬な食材を使った串揚げは店内のホワイトボードにも書いてあるので要チェック。

写真 2018-01-18 19 32 08
「十四豚」は”ジューシーブタ”と呼ぶそうです。
長野の養命酒がプロデュースしている安心安全な豚。
柔らかく瑞々しいのが特徴らしい。

写真 2018-01-18 19 40 17
穂卓に来たらマストな串揚げ。
手前が限定品の「ノドグロ ~梅おろし~」(320円)。
奥には「合鴨・マッシュルーム」(220円)。

なんて品のある串揚げなんだろう...。
ここでがっつり心を掴まれますね(笑)

写真 2018-01-18 19 58 11
オリめしメニューの「北海道ソーセージのブリトー」(600円)。

写真 2018-01-18 19 59 22
オリめしのテーマ「ピクニック」をイメージして、持ちながら食べられるようにしたそう。

和食の名店が放つブリトーって意外性あります。
丁寧に細部にまでこだわった逸品。

これはきっと子供も好きな味ですよ。

写真 2018-01-18 19 32 02
どうしても気になったのが、穂卓の”もう一つのオリめし”と言っていい「究極の玉子かけ御飯」(一人前980円)。

写真 2018-01-18 20 08 58
いろいろやってきた!

写真 2018-01-18 20 08 48
黒トリュフの香りがすごい!

銘酒八海山酒造の契約農家から特別に仕入れた極上のお米を釜飯で食べるという贅沢。

写真 2018-01-18 20 09 17
最高級の徳島産の卵を丁寧にミキサーでふわふわにして提供。
このひと手間に感動しちゃうなぁ...。

写真 2018-01-18 20 10 52
まずは炊き立てのご飯と黒トリュフを堪能。

写真 2018-01-18 20 11 25
卵にだし醤油をまぜて、ご飯へ。

写真 2018-01-18 20 12 23
お好みで粉チーズと”生こしょう”をトッピング。

大事なことなので繰り返しておきますね。
”生こしょう”です!(笑)

写真 2018-01-18 20 12 51
そして、トドメに燻製醤油をかけて完成。
醤油から燻製の香りがすごい。

写真 2018-01-18 20 15 39
うまっ!

まさに究極...。

最高に美味しい玉子かけ御飯です。
この小さなトッピングを重ねていくのが楽しいですね。

写真 2018-01-18 18 58 08 (1)
オーナーの佐藤さん(写真左)とスタッフさん。
メッセージもいただきました。


「板橋にはいいお店がたくさんあります。板橋の食の楽しさを味わってほしい」


板橋のことを真っ先に...佐藤さんの人柄を表している言葉だなぁ(笑)
気さくな雰囲気に魅了されて訪れるお客さんが多いのもうなずけます。

串揚げ・豚肉料理 穂卓(ほだか)

板橋区清水町56-7
03-6905-6155

営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)

定休日:月曜

席数:16席(カウンター4、座敷8、テーブル4)

喫煙・禁煙:喫煙可

公式サイトはこちら
Facebookはこちら
ツイッターはこちら
Instagramはこちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ