宮本町のイナリ通り商店街に「いなり酒場」が新規オープンしています。

写真 2018-02-13 23 13 04
本オープンしたのは2月1日。
以前、オープン準備中の渡邊オーナーに直撃取材したことがありました。

◇関連記事
宮本町のイナリ通り商店街に「いなり酒場」がオープン準備中。もとAKコーナーがあったところ。

地図ではここ↓

住所は板橋区宮本町55-3です。

写真 2018-02-13 23 11 44
お店に向かって右はイナリ通り商店街を通り、中山道(17号)へと続きます。

写真 2018-02-13 23 12 43
その反対側は清水稲荷神社、レトロゲーム博物館コン太村がすぐ近く。

写真 2018-02-13 21 54 43
店内はカウンター席と、

写真 2018-02-13 21 55 07
壁側には小さなテーブル席が並んでいます。

写真 2018-02-13 22 17 27
ドリンクはビール、サワー、焼酎、日本酒、梅酒、ワイン、ソフトドリンク。
料理はおつまみ、お刺身、逸品、

写真 2018-02-13 22 17 43
串、揚げ物、〆の逸品、おにぎり、お汁。

ジャンル的には和創作な感じでしょうか。
気になるメニューが満載ですね。

写真 2018-02-13 22 02 11
とりあえずのエビス生ビール(500円)

写真 2018-02-13 22 03 56
お通しとして登場した「ウニくじら巻き」にいきなり度肝ぬかれます!
(オープンして浅かったのでサービスしてくれたっぽい)

ウニとクジラってあわせて食べるのは初めて。
思いっきり心つかまれます(笑)

写真 2018-02-13 22 05 59
自家製冷奴(300円)

写真 2018-02-13 22 06 17
自家製って...手間かかってますね~。

写真 2018-02-13 22 10 33
きも豆腐(500円)

オリーブオイル仕立ての鶏レバーペーストみたいだけど...後味がふわっと軽い気がする。
これは美味しい!

写真 2018-02-13 22 30 45
胸トロ(200円)
胸肉なんだけど、モモみたい。

写真 2018-02-13 22 48 02
ゆずつくね(200円)
ほんのりゆずの香りがして、ナンコツ入りで食感も楽しい。

写真 2018-02-13 22 50 36
はつはらみ混合(200円)
ビールがすすみまくります。

写真 2018-02-13 22 23 25
蒸し鶏(550円)
渡邊オーナーのおすすめ。

写真 2018-02-13 22 24 13
豪快なモモ肉がまるっと入っています。
ホロホロで旨みが凝縮されている逸品。

添えてあるパクチーとレモンをあわせて食べるのもすごくいいですよ。

写真 2018-02-13 23 08 43 (1)
オーナーの渡邊さん。
めちゃめちゃ気さく、かつ物腰が柔らかく話しやすい方。
お一人でもすごく入りやすいと思います。

料理はどれもひと手間かかったユニークなもの。
静かな商店街にこだわり満載の居酒屋が誕生しましたね。

いなり酒場

板橋区宮本町55-3

営業時間:18:00~24:00

定休日:日曜

席数:8席

喫煙・禁煙:喫煙可