JR板橋駅近くのフレンチレストラン「パリ4区」に行ってきました。

2

テイクアウトメニューの「フォアグラ丼」(1800円)がすごく気になっていたのです。

地図ではここ↓

板橋区板橋1-21-7です。
JR板橋駅西口から近いです。

IMG_1932
お店の入口の正面は旧中山道がすぐ。
オセヨ1号店、山源があるところですね。

IMG_1936
その反対側は隣が牛角で、やきとんやんぐ、vivo、魚がし寿司と並びます。

no title
オーナーシェフの川久保さん。

もともと西新宿で2000年から始まったパリ4区。

ご自身の実験・研究の場として、夫婦でできるように小さく板橋にオープンしたのが2008年のこと。
(現在は西新宿は閉店)

パリ4区って実際にパリにあるそうで、ドラマ「グランメゾン東京」のモデルにもなった三つ星レストラン「ランブロワジー」があることでも知られています。

IMG_1794
今回、特別にフォアグラ丼を作るところからキッチン内で見せていただきました。

写真は1人前のフォアグラ。
けっこうな大きさですよね。

150g強ありますが、焼き上がると小さくなるので、このぐらいの量がないと貧弱になってしまうそう。

IMG_1800
塩・胡椒を軽く振り、小麦粉をまぶしてフライパンへ。

7
強火で片面だけ焼いたらオーブンで3分。

IMG_1805
その間にサラダ、付け合わせ、バターライスを準備。

IMG_1801
オーブンから出したら、フライパンでひっくり返して強火。
すぐに火は止めます。

IMG_1806
そして盛り付け。

IMG_1807
うお!

想像以上にフォアグラが大きい!!

IMG_1814
バルサミコを煮つめたソースをかけて完成。

すごいな…!

IMG_1826
こんな大きなフォアグラ食べたことないかも。

IMG_1827
このフォアグラ丼の賞味期限は30分!

IMG_1830
作り置きはせず、テイクアウトした(近隣の)お客さんが家に帰って食べるのを想定して調理されています。

IMG_1918
ランチ終わりのお客さんがいない時間に、特別に店内でいただきました。
フォアグラ丼はテイクアウト専用メニューです

IMG_1853
スパークリングワイン。
凍ったイチゴを入れることでキリッと冷えた状態に。

ワクワク感がすごいです。

3
舌の上でとろける濃厚なフォアグラ。美味しい!!

バターライスともすごく相性いいですね。
フォアグラとご飯って合うものなんだなあ。

5
ワインと合わせたら、ぶっ飛ぶぐらい幸せになれました(笑)

今はフォアグラは手頃みたいで、食べるにはチャンスらしい。

とてもリッチな気分になれるフォアグラ丼。
この時期ならではのテイクアウトメニューです。



今回の内容を「フォアグラ丼の作り方」と題してYouTubeにアップしました。

動画を始めてよかった!と思える内容になっています。

・フォアグラについて
・自家製サラダドレッシングのレシピ
・フォアグラの焼き方
・フォアグラにあうお酒
・オススメの白ワイン
・フォアグラの美味しい食べ方


などなど。存分に語っていただきました。

撮影はとにかく楽しかった。
よかったらチャンネル登録お願いします!
こちら


こんな風にお店の看板メニューなどを厨房内から撮影してもいいよというお店の方はぜひご連絡ください!
いたばしTIMES情報提供フォーム

パリ4区

板橋区板橋1-21-7
03-6661-8082(予約可)

営業時間:11:30~15:00、17:30~20:00

定休日:水曜

喫煙・禁煙:禁煙

Instagramはこちら
食べログはこちら

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ