こんにちは。
ライターのATSUKOです。


今回は台湾にある”板橋区”のお話。


東京の板橋区には大谷口の通称「かいじゅう公園」がありますね。
(2019年3月3日現在、改装工事中)

◇関連記事
大谷口児童遊園、通称「かいじゅう公園」が改修工事してる。怪獣は復活するのか?

IMG_1869
実は、台湾の板橋区にも「かいじゅう公園」があります。
しかも去年の夏に、新しくなったばかり!

地図ではココ↓

新北市板橋区陽明街172号です。

正式には板橋四維公園(バンチャオスーウェイゴンユエン)
台北駅から地下鉄板南線で16分、4つめの新埔駅が最寄駅。板橋駅の一つ手前です。

IMG_1856
ここでは、尾っぽのロープのトンネルから口から吐き出るすべり台まで、怪獣の全身を使って遊べます。

IMG_1853
ロープのトンネルの中をバランスよく、くぐって進んだり

IMG_1870
縄はしごをよじ登ったり。

IMG_1857
やんちゃして遊んでいますね~。

IMG_1863
隣には亀の形の築山もあります。

IMG_1860
使用上の注意書き。
中国語なので全部漢字ですが、子どもでも読めるように台湾式の読み仮名が振ってあります。

《四維怪獣》適用年齢:6歳から12歳
よじ登ったりくぐり抜ける籠と、大型のすべり台が一緒になった遊び道具です。
よじ登る道具を使う時は、しっかりと上を向いて登り、
すべり台を使う時は、最大3人を超えないようにしてください。
けがをしないように。


うーん、注意書きはだいたい万国共通かな?

IMG_1851
公園の他のエリアでは、フィールドをグルグルとウォーキングする人や、

IMG_1875
バトミントンコートもあります。

IMG_1872
図書館の分館もあって、

IMG_1874
謎なモニュメントも。
何のモニュメントなのか、回りを見渡したけれど不明…(^_^;)

IMG_1880
最寄駅の新埔駅は市場直結。

IMG_1881
公園まではこんな市場の中を通り抜けながら向かいます。


====


”かいじゅう”を公園に取り入れるのは万国共通なのかも。
(いろいろな国や地域でありそう)

それにしても同じ板橋区で存在するって縁を感じますよね。

台湾板橋の方に、東京板橋の”かいじゅう公園”も教えてあげたいなあ。




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ