板橋3丁目のブルワリー「クランクビール」で生産したてのクラフトビールをお持ち帰りしてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

板橋3丁目の小さなブルワリー「クランクビール さかみちタップルーム」がテイクアウト営業に切り替えたと聞いて行ってきました!

IMG_9103
2020年4月1日から店内(タップルーム)営業をやめています。

地図ではここ↓

板橋区板橋3-40-16です。王子新道沿い。

IMG_9113
お店に向かって右は緩やかな坂をのぼって鳥新、板橋区役所前駅へと続きます。

IMG_9109
その左側は坂を下ったら東板橋体育館があります。

IMG_9098
店舗に併設された醸造室。
生産したてのビールを味わえるのがクランクの魅力です。

IMG_9086
店主(醸造長)の平賀さんにお話を聞いてきました。

新型コロナウィルスの影響は2020年1月頃から感じていたそう。

お客さんが減ったというわけではなく、逆に地元のお客さんがお店の心配をしてくれて来店が増えたのだとか。

都心部での感染が深刻になっていったり、リモートワークをする人が増えたのも背景にあったのではないか、と。

ただ、お客さんが入れば、違う悩みも…
写真 2018-08-31 21 41 55
お店は外からオープンになっている状態。
通行する人からの視線が痛いくらいに突き刺さったそうです。

IMG_9096

お店を開けたいけど開けたくない。
保証がない中、やめるにやめられない、そんな葛藤の毎日。

悩んだ末に、店内営業をやめる決断をしたのは、小池都知事の会見が決め手になったそうです。

IMG_9100
「うちはまだいい方。工場だから売り方を変えることができる」と平賀さん。

悩んだ上での業態変更です。

勿論、営業を続ける判断をしている他店舗、他のサービス業の方も悩んだ上での判断です。

どちらが正しいだとか正義だとかはありません。

これ以上の差別も分断もまっぴらごめんでございます。

クランクビールFacebookより)

みんなで協力してこの危機を乗り越えたい、繰り返しそう言っていたのが印象的でした。

IMG_9075

テイクアウトはプラカップ、ペットボトルを用意しているので手ぶらでもOK。

持ち込み容器はなんでもOK。

僕は自宅から容器を持っていきました。

お茶が入ってた2リットルのペットボトルを持ち込む人もいるらしいですよ(笑)

IMG_9077
生産したてのビールが注がれていきます。

IMG_9144
自宅の冷蔵庫に入れ、夕飯の時に取り出したところ。

IMG_9148
開けてみるとけっこうな泡が残ってます。

IMG_9149
グラスへ。

IMG_9150
うまい!

ホップマシマシのクラフトビールが自宅で味わえます。

平賀さんからお話を聞いた後だからでしょうか。
このビールにいろんな想いが詰まってるように感じました。

本当に美味しい…。
こんな風にお店を応援できたら嬉しいなあ。

今後は缶での持ち帰り、自転車配達、通販、Uber等も展開していく予定みたいです。
最新情報はSNSでチェックしてください!
こちら(Facebook)

◇関連記事
板橋3丁目の小さなブルワリー「クランクビール さかみちタップルーム」でホップマシマシの自家醸造ビールを飲んできた。

クランクビール さかみちタップルーム

板橋区板橋3-40-16

営業時間:16:00頃〜21:00頃

定休日:月曜、火曜

Facebookはこちら

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ