板橋区立郷土資料館で「板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち」が開催中。2021年3月21日まで。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

板橋区立郷土資料館で「板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち」が開催しています。

(出典:板橋区立郷土資料館)

板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち

日にち:2020年12月12日(土)〜2021年3月21日(日)

時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)

場所:板橋区立郷土資料館(板橋区赤塚5-35-25)

料金:無料

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始

公式サイトはこちら

地図ではここ↓

赤塚溜池公園の隣ですね。
近くはないけど、最寄は西高島平駅。

戦前の志村地域には、東京光学(現トプコン)をはじめとする光学兵器の製造工場が集まりました。

そこでは、測量用のレンズや銃に付ける照準眼鏡が製造されました。

戦後、それらの技術は双眼鏡やカメラのレンズ製造に転用されました。

昭和40年頃には、日本の主要な精密機器出荷額の多くを板橋区が占め、戦後復興や高度経済成長を支えました。

国外での光学機器生産が増えると、付加価値の高い光学機器の製造に切り替わりました。

これらは、現在も「光学の板橋」として地域を支える重要な産業分野です。

今回の展示では、“いたばし”におけるカメラの歴史を学び、光に関する技術やその面白さを紹介します。

板橋区立郷土資料館公式HPより)

光学の板橋ってけっこうよく耳にする気がします。
カメラ好きな人にはたまらない企画ですよね。

興味のある方は公式サイトでもチェックしてみてください!
こちら

※しぐまさん、情報提供ありがとうございました!

◇関連記事