2019年5月にオープンした蓮根の「鮨処 陽(はる)」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

こんにちは。
編集部員のしのりでございます。

2019年5月にオープンした蓮根の「鮨処 陽(はる)」に行ってきました。

IMG_0107
くるくるしてないお寿司屋さんはなんだか敷居が高いな…と思いつつ、ドキドキしながら暖簾をくぐりました。

地図ではここ↓

板橋区坂下2-32-10です。

IMG_0153
お店に向かって右は区立志村第六小学校です。
斜め向かいに、紀の国湯があります。

IMG_0152
向かって左は高島通りに出ます。

IMG_0108
メニュー。
その日の仕入れで変わって来ます。

IMG_0145
地酒メニュー。

全て90cc 390円、180cc 750円というわかりやすい値段設定。
他にビールやハイボールもあります。

IMG_0114
お通しのアラの煮付け。

IMG_0123
真鯛昆布じめカラスミまぶし。

わさびをちょっとつけて、カラスミのふわっとした香りと楽しみます。

IMG_0139
板橋で青ナマコが食べられるなんて!!

IMG_0112
さっきまで生きてました」というだけあって、コリコリでやわからくて美味しい。

IMG_0252
シャリの少し小さめの握りなので、ネタの味がしっかり楽しめます。

IMG_0120
軍艦ウニ、こぼれそうなのを口に一気に運びました。
幸せ…。

IMG_0142
シャリ見えませんがちゃんといますよー。

IMG_0141

かんぴょう巻きはわさびを入れることも可能。

IMG_0151
締めは茶碗蒸しをいただきましたが、注文して蒸してくださるのでだいたい7分くらい待ちます。
エビとホタテと銀杏のシンプルな茶碗蒸しですが、お出汁の味が体にしみます。

カウンター席でご主人とお話ししながら、とっても気楽に美味しくお寿司をいただくことができました。

元あったお店の常連だったご主人。
そのお店のご主人が急逝され、お店は残したいというご家族の意思を継ぎ、「鮨処 陽(はる)」をオープンすることになったそうです。

一緒に働いてらっしゃる方は、奥様ではなく前のお店のご主人の娘さんだそうです。

素敵な縁で結ばれた温かいお店でした。

また、オープン当日「いたばしTIMES」の記事を見たと行って来てくださったお客様が食べログ用に写真を撮ってくださり、食べログページも開設してくれたんですととっても喜んでらっしゃいました。

◇関連記事
蓮根に「鮨処 陽(はる)」が2019年5月18日にオープン予定。

※読者さま、情報提供ありがとうございました!

鮨処 陽(はる)

板橋区坂下2-32-10

営業時間:17:00〜23:00

定休日:月曜

席数:カウンター5席 テーブル4席×1 座敷1

喫煙・禁煙:分煙

食べログはこちら

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ