【ときわ台天祖神社 例祭】今年はお神輿かつがずバッグをかつぐ?!「ワッショイ!トート」と社報「神明(しんめい)さま号外」

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする
毎年9月に行われているときわ台天祖神社の例祭。

今年(2020年)は三密を防ぐために大勢でかつぐお神輿は出ません。

お神輿をかつがずバッグをかつぐ「ワッショイ!トート」が話題になっています。

IMG_7082

ときわ台天祖神社さんと、板橋にゆかりのあるクリエイターの方々で立ち上げた【tokiwadai OMATSURI project】がつくった「ワッショイ!トート」。

IMG_7089
お神輿(みこし)は、「神様に街を見て歩いてもらう」ために、神様をお神輿に乗せる御魂(みたま)入れという神事を行い、街で担がれています。

今年のお祭りは、新型コロナウィルスの感染拡大防止のために、お神輿が街には出ません。

それでは、今年はバックに神輿の絵をプリントして、街の人たちにバックを肩にかけてもらい、街に出歩いてもらおう。

そして、神様に街を見て歩いてもらおう、というコンセプトでバックをつくろうと考えたのでした。

ときわ台つ・つ・つガーデンFacebookより)

なんて素敵なコンセプトなんだろう…!

その背景となる神社のお祭りについて、社報「神明(しんめい)さま号外」で発信されています。

以下、引用文にて紹介させていただきます。

IMG_7066
今年の「お祭り」のコト

今年は簡素なお祭りとなりますが、省略される行事は一つもありません。

みなさんは「お祭り」というと、どのようなイメージを持っていますか?
お神輿や金魚すくい、立ち並ぶ露店やその賑わいでしょうか。

◯◯祭」という言葉を使った行事やイベントはたくさんあります。

でも、こうした祭りは「神さま」のいない祭りです。

IMG_7069
お祭り」とは何でしょうか?
」という漢字を分解してみましょう。

肉 + 又(手) + 示(神さまをまつる祭壇)

このように「」という漢字は、祭壇にお供えものをして神さまをまつることを表しています。

示偏はネ偏とも言いますが、祭のほか、神、祠、社、斎など神さまに関係がある漢字に使われていますね。

IMG_7070
本来の「」は、その字が示すように、神さまに対して、お供え物をして「感謝」や「祈り」を捧げるものです。

神社では、毎日神さまにお供えものをして、お祭りをしていますが、中でも最も大きい「一年に一度の祭」が9月21日に行われる「例祭」という祭りです。

IMG_7079
これに付随して、町内各所でお神輿や山車、お神楽や様々な神賑わい行事が、地域の人々の手によって行われるのです。

境内に露店が立ち並ぶのも、この例祭に最も近い週末で、こうした行事はもともと9月21日の例祭に際して行われるものです。

IMG_7071
今年は、こうした行事がないので、「お祭りが中止で残念だ」と思う方もいらっしゃるかも知れません。

けれども「祭」は中止にはなりません。

神さまにお供えをして「祈り」や「感謝」を捧げる「」は何も省略せずに行い、神輿に代わる神幸(じんこう)行事を行います。

IMG_7073
神社で行う「例祭」は、地域代表の限られた方しか参列できませんので、毎年行われているこの祭を知らない人も多いかもしれません。

IMG_7075
けれどもこのお祭りで最も「」になるのは、神さまに対する感謝や祈りの部分です。

今年もいつも通り「例祭」を行うので、お神輿や露店が出なくてもお祭りは中止ではないのです。

IMG_7081
日本三代実録』という歴史書があります。

日本書紀』から数えて六番目の国家の正史です。

これを読むと9世紀の清和天皇のころ、今と同じように疫病や地震、津波、火山の噴火という天災に次々とみまわれたことが記されています。

IMG_7092
そしてこうしたくり返し起こる天災に対して、当時の人々が神仏に祈りを捧げている様子が記録されています。

科学がこれほど進んだ今でも、様々な自然災害や新型コロナウィルスで、誰もが悩み苦しみまた不安に思っています。

IMG_7094
今年の「例祭」は、「感謝」とともに早く平穏な日々を取り戻したいという「みんなの願い」をこめて祈ります。

海川山野でとれるたくさんのお食事と美味しいお酒を「神さま」にお供えして。

ときわ台天祖神社
宮司 小林 美香

IMG_7090

ワッショイ!トート」はときわ台天祖神社の神楽殿の隣で、一つ1000円でお分けしています。

※このバッグの収益金の一部は「守ろう東京・新型コロナ対策医療支援寄付金」に寄付されます

社報「神明(しんめい)さま号外」を読むと、言葉が体の中にスーッと入ってくる…。

お祭り本来の意味を考えるよいきっかけになりました。

tokiwadai OMATSURI project」についての情報は「ときわ台つ・つ・つガーデンFacebook」で、例祭の9月21日まで毎日発信していくみたいです。

よかったらチェックしてみてください。
こちら

※読者さま、情報提供ありがとうございました!

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ