仲宿にある築100年の古商家「板五米店」がおむすびカフェとして再生されつつあります。

75552962_101070984701085_6938457140554104832_o

クラウドファンディングで支援も呼びかけています。
こちら(2019年12月31日まで)

地図ではここ↓

板橋区仲宿40です。

1572669316650
仲宿商店街の入口近くにある板五米店。

9_0
圧倒的な存在感を放ち、まるで歴史的建造物のような古商家。

いつからこのお店は活動を止めているんだろう。

子供の頃からこの道は通ってるはずなんだけど、開いてる姿の記憶がないんですよねぇ…。

2c66b6717e539426d67138a8737edc6e
これはすごい昔の写真ぽいですが、建物の感じは今とほとんど変わらないような。

ずーっと閉まっているので、それが当たり前の風景になっていました…。

1573645247142
それが最近になって、毎日改修工事をしていて、何やらお店ができる雰囲気。

まさか、このお店が再び動き出す日がやってくるとは…!

IMG_8599
運営をするのは、板橋宿不動通り商店街のコワーキングカフェ「おとなり」の店主・永瀬さん。

永瀬さんは板橋宿エリアに特化したまちづくり会社「株式會社向こう三軒両隣」を設立し、仲宿商店街とタッグを組む形で、この板五米店を再生しています。

◇関連記事
板橋宿不動通り商店街にコワーキングカフェ「おとなり stand & works」がオープンしてる。みんながお隣になれる場所。

2019-11-30 0.06のイメージ

築100年の古商家の再生には、大きな資金が必要みたいで、クラウドファンディングで支援を呼びかけています。

クラファンページでは、永瀬さんのとんでもなく熱い想いが綴られています。

こちら

写真_2019-11-23_10_51_36
板五米店では、永瀬さんの想いに共感する方々が集まり、大掃除したり障子を張り替えたり。

写真_2019-11-24_15_20_35
想いが伝播していくと、とてつもない力が生まれるんですね。

スクリーンショット 2019-11-29 10.30.20
新しい板五米店のロゴマーク。
板橋に住む子育て中のママさんがデザインしたもの。

IF
お店のイメージ図。
1階にはおにぎりカフェ。それにイタゴツーリズムという不思議な案内所もできるみたい。

2F
2階には商店街ビューが楽しめる客席や、ワークショップスペース。

94cdb6f21445fb940cbc07465ecda05b
おむすびのメニューもできてきてるようです。

73928a0d411429502dcf4d004ed2f3b3

長い時を経て、築100年のお米屋さんが”おむすびカフェ”として復活。
ロマンを感じるなあ。

オープン予定は2019年12月中旬。
板橋のシンボルになりそうなお店が誕生しそうですね。


「板五米店再生プロジェクト」に興味のある方は、ぜひクラウドファンディングのページをのぞいてみてください。

こちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ