こんにちは。
ライターのATSUKOです。

池袋駅東口にあるパンと洋菓子の「タカセ」。
下板橋駅近くに工場と併設されたベーカリーレストランがあります。

IMG_6135
近くを通りかかると、パンやケーキを焼く甘い香りにおなかが鳴ります(^-^;

地図ではココ↓

板橋区板橋1-37-10です。

IMG_6130
お店に向って左手方向に下り坂を進むと、ヨークマートや下板橋駅があります。

IMG_6132
反対方向を進むと中山道(17号)が近いです。

IMG_6124
レストラン入口のウィンドウのメニュー。
たまらなく昭和!

IMG_6079
壁の洋画、テーブルクロス、市松模様の床…店内もとてもクラシック。

IMG_6081
大きな窓から明るい日差しが差し込みます。

IMG_6095
ベーカリーや洋菓子コーナーにもつながっています。

IMG_6090
「カジノ」「カステ」「アポロ」…タカセのパンは、ネーミングもユニーク

IMG_6099
いちごのショートケーキに、シュークリーム。
洋菓子の王様が勢ぞろい!

IMG_6107
日替わりランチは、このボリュームで800円!

この日のメニューは、煮込みハンバーグと舌平目フライ。
おウチじゃ作れないプロの味です。

IMG_6110
パンはクロワッサンとロールパンが、ドンッと2個つきます。

IMG_5576
メニューの一部をご紹介します。

IMG_5578
洋食の定番メニューがズラリと並んでいます。

IMG_5580
この他に、サンドイッチ、カレー・ピラフ、スパゲティ・グラタンのメニューも揃っています。

IMG_5586
パフェもあんみつ豆も食べられます。

IMG_5572
ケーキセットのラインナップ。

IMG_5713
メニューの表紙の絵は昭和の洋画家・東郷青児氏によるもの。「画伯」って感じがしますね。

IMG_6113

実はタカセは大正9(1920)年創業
大正・昭和・平成・令和と歩み、来年で100周年を迎えます。

創業者は森茂吉氏。
あら、どうしてタカセなの??

初代森茂吉の出身地が現在の香川県三豊市高瀬町であったことから「タカセ」と名付けられました。

(タカセHPから)


香川県出身の方、ぜひ注目してください!

幅広い世代のお客様で賑わっていました。

店長さんや店員さんとあいさつやおしゃべりを楽しむ方もいて、ホントに地域に愛されているお店だなぁと、ほっこりしました。

タカセ 板橋店

板橋区板橋1-37-10
03-3962-7301(代表)

営業時間:
【パン・洋菓子コーナー】9:00~20:00
【レストラン】11:00~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日:年中無休

公式サイトはこちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ