遊座大山商店街に吉田のうどん「月見里」(やまなし)が新規オープンしています。

写真 2018-12-19 11 00 19
オープンしたのは2018年12月19日。
準備はけっこう前からやっていたので、気になっていた人も多いですよね。

店名はツミキサトと書いて「ヤマナシ」と読みます。

地図ではここ↓

板橋区大山東町38-4です。
ここは以前、「神山精肉店」っていう居酒屋があったところ。

◇関連記事
遊座大山商店街の大山酒場「神山精肉店」が閉店していた。

写真 2018-12-19 11 01 15
お店に向かって右はすぐ山手通り。板橋区役所が近いです。

写真 2018-12-19 11 01 35
その反対側は大山駅、ハッピーロードへと続きます。

写真 2018-12-19 11 06 26
入ってすぐのカウンター。
テーブル席も1つあります。

写真 2018-12-19 11 26 51
そして階段で2階にあがると、

写真 2018-12-19 11 25 30
おお!
宴会もできそうな広々とした空間。

写真 2018-12-19 11 25 20
個室っぽい感じの小上がりもあります。

写真 2018-12-19 11 07 35
メニュー。
麺と汁の温冷の組み合わせができるんですね。

写真 2018-12-19 11 26 27
おつまみとアルコールもあります。
居酒屋的な利用もイケそう。

写真 2018-12-19 11 08 36
今回は「かけうどん・肉キャベツ」(700円)にトッピングで「きんぴら」(オープン記念でサービス・通常150円)をチョイス。

けっこうなボリューム感でやってきます。

写真 2018-12-19 11 10 18
うぉ!
うどんの太さんがとんでもない!

麺リフトはここが限界です(笑)

写真 2018-12-19 11 12 05
お肉がたっぷりでうれしい。

写真 2018-12-19 11 12 23
キャベツって意外な組み合わせだけど、合うんですねー。

写真 2018-12-19 11 12 35
トッピングのきんぴら。

写真 2018-12-19 11 09 09
テーブルセットには山椒、にんにくチップ、辛みがあるので、お好みで味チェンできますよ。

なんという豪快なうどんだろう...。
コシの強さもはんぱない!

店名にもついてる「吉田のうどん」について、チラシに書いてある説明書きを紹介しますね。

吉田のうどん

手間暇かけた自家製麺は、小麦の味わいがギュッと閉じ込められ、噛めば噛むほど味の出る硬めの麺。

キャベツはシャキシャキ感が弾力ある麺に合うばかりでなく、消化を助けるビタミンCを含み、硬い麺との相性が抜群。

つゆは研究を重ねた特性の煮干しスープ。
薬味「すりだね」を入れる事により味に奥行がでます。

2007年農林水産省が各地に伝わるふるさとの味の中から選定した「農山漁村の郷土料理百選」の一つ。


写真 2018-12-19 11 23 44
山梨県出身のオーナー・山本さん(右)とその弟さん(左)

このお店は2号店なんですって。
1号店は山本さんの地元・山梨県にあり、その郷土料理である「吉田のうどん」を板橋から発信していくそうですよ。

遊座大山商店街にユニークなお店が誕生しましたね。


※へなちょこパパさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

吉田のうどん 月見里(やまなし)

板橋区大山東町38-4

営業時間:11:00~15:00、18:00~24:00頃

定休日:月曜

オーナーさんのツイッターはこちら