【子育て支援】板橋区がベビーシッター(一時預かり)利用支援事業を開始。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

板橋区が「ベビーシッター(一時預かり)利用支援事業」を開始します。

日常生活上の突発的な事情などのために、一時的にベビーシッターによる保育を必要とする保護者に対し、その利用料の一部を補助します。

(待機児童等を対象とした「事業者連携型」とは異なります)

以下引用は全て板橋区公式サイトより

対象となるのは2023年12月1日(金)利用分から。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

事業概要

(出典:板橋区

日中だけでなく、夜間の利用もできるようです。

利用の流れ

(1) 利用者は、東京都の「ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)の認定事業者一覧」から事業者を選定し、直接契約する。

 (2) ベビーシッターを利用後、料金を直接事業者に支払い、事業者から「ベビーシッター補助事業要件証明書」「領収書」「利用明細書等」の交付を受ける。

 (3) 補助金申請期限(原則、利用月の翌月10日または25日)までに補助金の交付を区に申請する。

事業者は一覧の中から選べるんですね。

対象のベビーシッターは東京都福祉局公式サイトから確認できます。
こちら

申請方法は調整中とのこと。

病気や仕事、育児に疲れた時などに、頼れる場所があると安心感が違いますよね。

詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。
こちら