赤塚の郷土資料館で「いたばしの富士山信仰ー富士講用具と旅した人びとー」が開催。2024年1月20日から

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

赤塚の郷土資料館で「いたばしの富士山信仰ー富士講用具と旅した人びとー」が開催されます。

会期は2024年1月20日(土)~3月17日(日)。

(出典:以下画像は全て板橋区立郷土資料館公式サイト

図ではここ↓

板橋区赤塚5-35-25。

近くはないですが、最寄りは西高平駅。
区立美術館や東京大仏の近くです。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

身禄系五行御身抜(永田講)

富士山を信仰する民間の集団である富士講。
江戸時代後期には「江戸八百八講」といわれるほど、江戸を中心に数多く組織されました。

板橋区内では、主に永田講、山万講、丸吉講が活動し、富士参詣をおこなっていました。
現在、区内の富士講の組織はなくなってしまいましたが、その歴史を語る資料は残されています。

板橋区立郷土資料館公式サイトより

富士山を信仰する組織がたくさん存在していたそうです。

拝み箪笥(永田講)

型取られた富士山が祀られていますね。

今回は、富士講で使用された装束、登山用具、祭壇や御身抜といった祭祀用具、マネキ、加えて、富士講の行者に宿坊を提供し、祈禱を行った御師への奉納物などを中心にご紹介します。

 これらの多くには、それぞれの富士講の印である「講印」が施され、各講の特徴を示しています。
現在の板橋区域、そして江戸と江戸近郊の富士講資料を通して、当時の人びとが富士山を信仰した姿をご覧いただければ幸いです。

行衣

こちらは富士登山の際に身につけた装束でしょうか。

期間中にはギャラリートークが予定され、関連イベントもあるかもしれません。

興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。
こちら

イベント名 いたばしの富士山信仰ー富士講用具と旅した人びとー
日にち 2024年1月20日(土)~3月17日(日)
時間 9:30~17:00 (入館は16:30まで)
場所 板橋区立郷土資料館 2階企画・特別展示室
(板橋区赤塚5-35-25)
料金 無料
学芸員によるギャラリートーク 2024年2月3日(土)、3月16日(土)
15:00~15:30
申込み方法 当日30分前に1階受付にて。
(定員に達し次第終了)
リンク