板橋区オリジナルの地域通貨「いたばしPAY(仮)」の爆誕なるか。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

2022年1月26日に板橋区から発表された予算案にデジタル地域通貨「いたばしPAY(仮称)」が盛り込まれていることが話題になっています。

板橋区公式資料(PDF)→こちら

(出典:板橋区

説明されているのは資料の21ページ(PDF24ページ)。

ポイントはこの部分。

【新規】デジタル地域通貨「いたばし Pay(仮称)」

地域経済の活性化と「新しい生活様式」に対応したキャッシュレス決済推進のため、板橋区商店街振興組合連合会が実施するデジタル地域通貨「いたばし Pay(仮称)」の導入に対し補助金を交付します。

また、初年度となる令和4年度はプレミアム付デジタル地域通貨を販売します。

(1)プレミアム付デジタル地域通貨
1万2,000円分のデジタル地域通貨を1万円で販売(抽選)

(2)実施時期
令和4年6月~ デジタル地域通貨システム導入
令和4年秋頃 応募受付・抽選・販売
令和4年秋頃~令和5年2月
プレミアム付デジタル地域通貨利用期間

なるほど。
夏に販売していた「プレミアム付板橋区内共通商品券」のデジタル版としても利用される感じでしょうか。

今年(2022年)の6月にはもうシステム導入が始まるんですね。
早ければ秋には利用が始まりそう。

PayPayのキャンペーンは何度かやってお馴染みになった感はありますが、いたばしPay(仮)があれば独自の施作も実施できるかも。(わからないけど)

でも、名称には(仮)がついてるのが気になりますよね。
個人的には「いたばしPay」ってわかりやすいから仮をとってもいいような気はします笑。