大山の名酒場「鏑屋」が2023年12月27日で閉店。32年の歴史に幕。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

大山の名酒場「鏑屋(かぶらや)」が2023年12月27日で閉店します。

その知らせを受けた時、僕は耳を疑いました。

いつも満席の人気店。
大衆酒場の良店がひしめく大山を象徴するような存在。

閉店のお知らせ。
2023年12月27日で32年の歴史に幕を閉じます。

こんな日がやってくることを想像もしていませんでした。

地図ではここ↓

板橋区大山町14-6。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって右。
ハッピーロードのキャンドゥや丸二青果店のあたりが近いです。
向かって左。
ずーっと進むと川越街道に続きます。
訪問した日も満席でした。

閉店が発表されてから、開店時刻の17時前から行列ができることも多いのだとか。

鏑屋の名物料理。
食事メニュー。
ドリンクメニュー。
本日のおすすめ。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

瓶ビール大瓶(650円)

鏑屋の雰囲気と味を身体に染み込ませたかったから、カウンターに一人で飲みに来ました。

人気のやきとんは注文がひっきりなし。壮観!
特製 煮込み鍋(440円)中辛(+100円)
鏑屋に来たらまずはこれ。
白味噌ベースの煮込み。
まろやかな味噌に大きな豆腐とモツがどっさり。
相変わらずめちゃくちゃ美味しいな。
スタミナ焼き(2本340円)、ホルモン焼き(2本340円)
たん(2本340円)、しろ(2本340円)
どの串も大きくて豪快にうまい!

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

白子の天ぷら(650円)
外側はザクザク、中はとろり。
他のお客さんが注文していて、やたら美味しそうだったナス。
間違いないやつでした!
焼きおにぎり(2個490円)

時間をかけてじっくり焼き上げたおにぎり。
香ばしさがすごくて〆に最高。

閉店の理由は無粋なので書きませんが、時代ですよね。
大山も変わるなあ。

変わることが良いとか悪いとかでなく、この名酒場の灯りが消えてしまうことが、ただただ寂しいです。

スタッフさんたち。
想像を絶する忙しさの中でも、どこか和ませてくれる人情味のある接客。本当にすごい。

このチーム鏑屋も閉店とともに解散。
同じ運営の中板橋「鏑川」には行かないそうです。

「家族よりも長い時間を一緒に過ごしてきたから、僕らも寂しいです」
そんな風に話していたのが印象に残りました。

この赤提灯が消えるまであとわずか。

テーブル席は今のところ予約を受けていますが、カウンターは予約不可。
早めの時間、もしくは21時過ぎくらいが狙い目かも。

年末とも相まって、席を確保するのは至難かもしれません。

それでも、大山の酒場を愛するすべての人にこの情報が届くことを願っています。

※けんじーさん、トオルちんさん、らるふさん、ぴーさん、光さん、Miaさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 鏑屋(かぶらや)
住所 板橋区大山町14-6
営業時間 17:00〜23:30
定休日 月曜
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。