板橋区・モンゴル国交流25周年記念イベント「サインバイノー!モンゴル!」が2021年10月18日(月)から開催。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

板橋区・モンゴル国交流25周年記念イベント「サインバイノー!モンゴル!」が2021年10月18日(月)から開催されます!

(出典:板橋区公式Instagram

板橋区とモンゴルってそんなに長く交流があったんですね。

1992年、モンゴル国で紙不足が深刻であるという新聞報道をうけ、区内印刷工場の余紙で作った再生ノートや鉛筆などを贈ったことがきっかけでモンゴル国との交流が始まりました。

1996年10月、モンゴル国文部省(現文化省・教育科学省)と板橋区は「文化・教育交流協定」を締結しました。

馬頭琴コンサートやブフ大会(モンゴル相撲大会)などを開催したり、公式相互訪問や、区民ツアーも行われるなど交流を続けています。

板橋区内の印刷工場が交流のきっかけって…素敵!

25周年記念イベント「サインバイノー!モンゴル!」(こんにちは!モンゴル!)

日にち:2021年10月18日(月)から10月29日(金)の平日

時間:9:00〜17:00

場所:板橋区役所1階ギャラリーモール・屋上庭園前スペース(区役所7階)

公式サイトはこちら

<イベント内容>
・馬頭琴音楽鑑賞コーナー
・モンゴル相撲映像コーナー
・モンゴル絵本展示
・モンゴル学生からのお手紙展示
・民族衣装やモンゴル相撲衣装の展示
・モンゴル語が流れるアルコール手指消毒コーナー
・ギャラリーモールパネル展示(駐日モンゴル国大使からのメッセージ、大相撲元横綱モンゴル人力士の日馬富士からのメッセージ、モンゴル国の文化・これまでの交流経緯を紹介するパネル) など

また、板橋区役所1階の「カフェダイニングNAKAJUKU」にて、日替わりでモンゴルメニューが登場します!

板橋区役所の食堂でモンゴル料理が味わえるって貴重な機会ですよね。

改めてなんですが、モンゴルの説明を少し。

モンゴル国とは

北はロシア、南は中国に周りを囲まれた内陸国で、面積は156万4,100平方kmで、日本の約4倍の大きさです。

モンゴルというと大草原のイメージもありますが、首都のウランバートルはビル群が立ち並んでいます。

全人口336万人のうち、半分近くがウランバートルに集中して住んでいます。

地図ではここ↓


イベント期間中には、モンゴルゆかりの講師による文化紹介講座も予定されてるみたいです。

まだ全て情報は発信されていませんが、板橋区公式HPの特設ページをチェックしてみてください。
こちら

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!

いたばしTIMESへ広告を掲載しませんか?