成増5丁目にカレー屋さん「オムニバス キッチン」がオープンしてる。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

成増5丁目にオープンしたカレー屋さん「オムニバス キッチン」に行ってきました!

オープンしたのは2022年3月12日。
成増駅からは離れているので気づいてない人も多い気がします。

地図ではここ↓

板橋区成増5-17-15の2階。

以前はお好み焼き屋さんがあったところ。
1階は「天ぴん成増店」。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって左は成増駅方面に続きます。
右側。マルエツを通って成増北第一公園が近いです。
ランチタイム・カフェタイム・ディナータイムに分かれています。
どの時間帯でもカレーは食べられるみたい。
階段をのぼって2階へ。
入口。
店内は靴を脱いでくつろぐスタイル。

ビルの入口からはちょっとイメージできないくらいリラックス空間が広がっています。

カウンター席もあります。
カレーメニュー。
お酒も揃ってます。
カフェタイム(14〜17時)のケーキメニュー。
スペシャルキーマカレー(1500円)
スペシャルだと野菜と無添加生ソーセージ付き。

ソーセージは3種類から選べます。
・ハーブ
・チョリソー

・ラム
今回はハーブをチョイス。

スパイスが複雑に重なりあってコク深い味わい。
めちゃくちゃ美味しいです!
ソーセージの本物感もすごい。
ハーブ好きにはたまらない香りの強さ。

これでビール飲んだら最高だろうな。

オリジナルスパイスで辛みを後から追加することもできます。
藍のシフォンケーキ(450円)

専門店かと思うほど美味しい。
ケーキと紅茶で午後をのんびり楽しむのも良さそうです。

お店は実の兄弟で運営されています。
兄の純平さん(右)と弟の大地さん(左)。

どさくさに紛れて年齢まで聞いたら、竹野内豊のようなワイルド系の純平さんは38歳、王子様のような癒し系の大地さんは26歳とのこと。(※個人の感想です)

元々、兄の純平さんがキッチンカーでフォカッチャドッグを販売していたんですね。

カレーはトッピングだったのですが、それがとても人気になり、カレー屋を開業するに至りました。
(カレーでキッチンカーのコンテストの賞まで取ったらしい)

弟の大地さんはホテル勤務と、副業でカメラマンをやっていたそうですが、お兄さんの独立にあたり、一緒にお店を運営することを決意。

年が離れているせいもあるのでしょうか。
とても仲の良い兄弟だと感じました。
(写真は兄弟感出してみてくださいとお願いしてみました笑)

店内の一角にある物販スペース。

純平さん曰く、「自分は運がいいのか、今まで困ったことがあると誰かしら助けてくれた。今度はこのお店を使って自分が仲間の助けになりたい」と。

これらは純平さんの仲間の方々の作品なんですね。

店名の「オムニバス」にはこういった姿勢が込められています。
(英語などで「独立した作品を集めて一つにまとめた作品集」という意味)

ディナータイムのメニュー。
夜もカレーは注文OK。一品料理やお酒も楽しむことができます。

4月以降は兄の純平さんはキッチンカーを再開されるそうですが、ディナータイムには兄弟そろって営業するのだとか。

成増の駅からは少し離れていますが、隠れ家的に素敵なお店が誕生しています。

※たぬきのこうちゃんさん、近所のスズさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 オムニバス キッチン(OM2BUS)
住所 板橋区成増5-17-15の2階
営業時間

11:30〜22:30(L.O.22:00)

定休日 月曜(変わる可能性あり)
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。