遊座大山商店街そばにオープンしたBar「お酒の美術館」で50年前のウィスキーが500円で飲める。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

遊座大山商店街そばにオープンしたBar「お酒の美術館」に行ってきました!

オープンしたのは2021年11月30日。
京都三条烏丸に本店があって、全国に展開しているチェーン店なんですね。

地図ではここ↓

板橋区大山東町25-17です。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって右は遊座大山商店街の「大衆サカバ39番地.」のところがすぐ。
店内のカウンター席。
照明が明るいのも特徴の一つかも。
スタンディングでも飲めるし、シートに座っても飲めるみたい。
喫煙室も店内にあります。
いろいろなお酒がズラリ。
メニュー。
チャージ無料で500円〜。
500円のお酒も多い印象です。

生ビール、ワインも500円。

スコッチウィスキーが豊富に揃っています。
アイリッシュ、カナディアン、バーボン、ブランデー。
それにサワーも。
カクテル、焼酎、ノンアルコールなんかもあるんですね。
(日本酒はありません)

フードはナッツやドライフルーツなど。

よく知られているお酒でもオールドボトルを提供しているのがお店の特徴です。
オリジナルブレンドの樽ウィスキーもあって、こちらは少しづつ熟成していく変化も楽しめそうです。
古いお酒を見せてもらったのですが、こちらは50年以上前のスコッチウィスキー。
ワインと違ってラベルに生産された年が書いてあるわけではなく、写真のような通関シールを手がかりに何年前かを特定していくらしい。
年季の入ったシールに書いてある社名からも年代が割り出せます。
50年以上前のスコッチウィスキー「パスポート」も500円。

軽めでスッキリ飲めるウィスキー。
ウィスキー初心者の僕にも丁寧に説明してくれて楽しめます。

お店で一番古いかもしれない「ホワイトホース」(700円)。

スモーキーでどっしりした重厚感のある飲み口ですね。

店長の佐藤さん。
とても物腰が柔らかく話しやすい人でした。
こういうバーってとてもハードルが高く感じるのですが、超ド級の初心者の僕でも入りやすさを感じます。

チャージ無料で500円でサクッと飲めるので、いろいろなシーンで利用できそうだと感じました!

※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 お酒の美術館 大山店
住所 板橋区大山東町25-17
営業時間

15:00~23:30

定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。