遊座大山商店街にオープンした「ベトナム料理 フォーハノイ」でハノイの名物ブン・チャ(つけ麺)を食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

遊座大山商店街にオープンした「ベトナム料理 フォーハノイ」に行ってきました!

こちらのビルの3階。1階は大山ホルモン。
オープンしたのは2022年5月25日。

まだ気づいていない人も多い気がします。

地図ではここ↓

板橋区大山東町23-6の3階。
以前は和食とフレンチ「丁来巣」があった場所。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

ビルに向かって右は、斜め前が文化会館で、大山駅・ハッピーロードへと続きます。
左側。山手通り、板橋区役所方面に続きます。
階段をのぼって3階へ。
店内のようす。
L字型のカウンター席が並んでいます。
不思議な掘りごたつの席。
ちょっとした隠れ家感ありますね。
奥には素敵なテラス席も。
メニュー。

思わず声をあげてしまったのですが、ハノイの名物料理「ブン・チャ」が最初のページに載っているのです!(ブンチャーと紹介される場合が多い)

感動のあまりワナワナ…となってしまいました。



遠い昔のことですが、ハノイを旅行した時に屋台で出会った美味しいつけ麺が忘れられず、日本にはないのだろうか…と思っていました。

20年以上うっすらと探していた名前もわからないハノイの料理。
それに巡り会えたことで完全に舞い上がってしまいました。

定番のフォーも。
スイーツメニュー。
ベトナムコーヒー。
ベトナムビールもそろってます。
なんと、ソフトドリンクを1人につき1つサービス。
ちょっと優しすぎやしませんか!?
ブン・チャ(1050円)

想像しているより大きなお皿で豪快に登場。
いわゆる「つけ麺」スタイルです。

ベトナム語でブンは「麺」、チャは「お肉」を意味するそうです。

ブン・チャの特徴でもある豚肉。

焼肉のようなバラ肉に豚つくね。
ハノイだと路上で炭火焼きしてたりしますよね。

フォーと同じライス麺。その細いタイプです。
ニョクマムベースのつけ汁。
つけ汁の中にも豚焼肉と豚つくねが入ってます。
野菜もたっぷり。
これもつけ汁の中に入れて食べます。

(パクチーはつけるかどうか提供前に聞いてくれます)

程よい酸味と甘み、それに優しい米麺に香ばしいお肉。
このバランス感がすごく美味しい!

20年以上前の記憶が蘇るハノイの味。最高だな。

ハノイ出身の若き店主・タキムブーさん。

留学生として日本に来て早5年。
都内のベトナム料理店のキッチンで経験を積み、こちらのお店で独立されました。

心配になってしまうほど、優しく、奥ゆかしいオーラを放っています。

お話を聞くと、お父様がハノイでブン・チャのお店を運営されているそうです。

なるほど、だから現地の味をクオリティ高く提供できるんですね。

ブン・チャを食べたことがある人もない人も、ハノイのソウルフードを大山で体験してみてはいかがでしょうか。

※カリヤさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 ベトナム料理 フォーハノイ
住所 板橋区大山東町23-6の3階
営業時間

11:00〜15:00、16:30〜22:30

定休日 木曜はランチ休みで17:00〜

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。