【デカ盛り&価格破壊】遊座大山商店街の路地裏にオープンした「純情酒場ニューバンブー」のランチがぶっ飛んでた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

遊座大山商店街の路地裏にオープンした「純情酒場ニューバンブー」のランチに行ってきました!

オープンしたのは2022年4月1日。
以前は「PON DI CORNER」だったところ。

地図ではここ↓

板橋区大山東町28-2。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

商店街からだと「肉小屋」と「ぎょうざ宝舞」の間を入ります。
オープンエアーでランチを楽しむのも気持ちよさそうですね。
店内は「く」の字型のカウンター席が並んでいます。
こちらは通常メニュー。
(ランチでも注文可)
壁にも貼ってあります。
200円から100円単位で分かれているんですね。
フード全メニューを半額でハーフサイズでも提供してくれるみたい。
だいぶ優しい気がします。
ドリンクメニュー。

一見するとフツーのように見えますが…

ソフトドリンク各1000円!

さっきの優しさはどこへ…笑。
これはお酒を飲んでという意思表示に違いない。

そしてこれが今回体験してきたランチメニュー。

左は固定のハンバーガーメニュー。
①ハンバーガー(1000円)
②チーズバーガー(1200円)
③アボカドチーズ(1400円)
④タワーバーガー(2500円)
⑤チキンタワー(2000円)

右は日替わりの定食メニューでALL500円。
A からあげ
B チキンステーキ
C チキオバ(チキンオーバーライス)
D 野菜炒め
E ホルモン味噌

ここまでは理解できる範囲だったのですが…

A〜Eの定食はサイコロチャレンジができるらしい。

価格はサイコロの出た目×100円。


え?じゃあ1が出たらどうなるんですか?」と聞いてみたら、

100円です」と即答された笑。

ちなみにサイコロを振らない人は500円なのだとか。

チキンオーバーライス(100〜600円)

え、ちょ…まっ…

サイジングがバグってる…!
これ絶対にキロの世界に突入してる。
完全に理解を超えました。

サイコロシステムですでに超えていた気はしますが、このボリュームは一体…??

僕はサイコロを振ったら「3」が出たので、これで300円です。

ちょっと落ち着いて説明すると、チキンオーバーライスはニューヨークの定番屋台メシなんですね。

ターメリックバターライスの上にスパイシーなチキンが乗ったもの。

キャロットラペやピクルスもトッピングされています。
ボリュームに完全に圧倒されてしまうのですが、しっかり美味しいチキンオーバーライス。

ケチャップとマヨネーズのジャンクな感じもたまりません。

店主のバンブーさんにお話を聞けました。

なんでこんなことをやろうと思ったんですか?」と直球で聞いてみると、

バンブーさんは上板橋のデカ盛り居酒屋「花門」をとてもリスペクトしているそうなんですね。

花門の店主・マンスさん
(いたばしTIMES「上板橋のデカ盛り居酒屋「花門」の名物店主マンスさんの営業ルーティン。」より)


あ、あ〜。
かすかに感じていたデジャヴ(既視感)の正体はそういうことだったのか…!

まずはお店を知ってもらいたい。
その上で夜にお酒に飲みに来てくれたら嬉しいです、とのことでした。
(夜はデカ盛りではありません)

食べ切る自信のない方は最初に少なめを申告することもできます。
また、食べ残しを持ち帰るための入れ物があったらもらえると嬉しいそうです。

大山界隈にとんでもないお店が爆誕しました笑。


※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 純情酒場ニューバンブー
住所 板橋区大山東町28-2
営業時間

11:00〜24:00(お客さんが帰るまで営業)
※ランチは14時まで。2022年5月以降は金土日のみランチ営業の予定。

定休日 夜営業:なし、ランチ:不定休

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。