【板橋3丁目】さまざまな福祉事業所の製品を集めて販売する「ス〜ハ〜マーケット」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

板橋3丁目で定期的に開催されている、さまざまな福祉事業所の製品を集めて販売する「ス〜ハ〜マーケット」に行ってきました!

場所は、板橋宿不動通り商店街にある「TOKYO SOCIAL DESIGN(トーキョーソーシャルデザイン)」。

毎月、連続した3日間で開かれるマーケット。
(2024年3月までの予定)

地図ではここ↓

板橋区板橋3-4-9 メゾン・ド・フルール1F。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

建物に向かって左。
斜め前は観明寺で、新板橋・板橋駅方面に続きます。
向かって右。
仲宿商店街・板橋区役所方面に続きます。
中に入ると、優しく素敵な空間が広がっていました。

なんだろう、この温かさは…

さまざまな福祉事業所から集められた製品が並んでいます。

「楽しい」「かわいい」「面白い」を探しにぜひお越しください!

TOKYO SOCIAL DESIGN公式サイトより
どの製品もかわいい!
なんとも言えない味わいがあります。
不思議なメッセージに「??」となるんですけど、妙に癒されます。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

牛乳パック、新聞紙、ダンボールなど、使い終えた紙をリサイクルして作られた紙。
こういう世界観を求めている人はたくさんいるような気がします。
使い方をあえて限定しない。
想像力が動き出すような楽しさ。
温もりを感じるおもちゃ。
日めくりカレンダーも個性的。
TOKYO SOCIAL DESIGN出版として絵本も出しているんですね。
「平和」をテーマにした絵本を製作されています。
代表の加藤未礼さん(写真左)、イラストレーターの小関祥子さん(写真右)。

加藤さんにお話も聞けました。

福祉施設で作られた商品。
施設のバザーで無造作に山積みにされているのを見て思ったそうです。

他の作家さんたちの作品と比べても遜色ない商品。
ギャラリーという場所で見せ方を考えて価値をつけたい、と。

福祉のバザーだと、買ってあげないといけない雰囲気が出てしまう。

そうではなく、
福祉のフィルターがかからずにみてくれる場所におきたい、
買いたいと思って買ってくれるようにしたい、

そんな思いがこのマーケットの背景にありました。

元々、雑貨インテリアのショップで働いていた加藤さん。
バイヤーの視点からも、ここでしか売ってない一点物に面白さを感じていました。

実際に「ス〜ハ〜マーケット」で接客したお客さんの声は、福祉施設にフィードバック。

売れるはずないと思い込んでいた製作者本人たちの意識が、少しづつ変わっていき、より素敵な商品が生まれていく循環を感じているそうです。

……

とても穏やかに話してくれる加藤さんですが、その言葉の一つ一つに力強い意思を感じました。

次回の開催は、下記の3日間。
・12月15日(金)10:00〜19:00
・12月16日(土)10:00〜19:00
・12月17日(日)6:30〜17:00(商店街の朝市の日)

「楽しい」「かわいい」「面白い」を探しに。
この個性的で優しい世界観に満ちたマーケットに、ふらっと寄ってみてはいかがでしょうか。

また、2024年1月に開催される「SDGsマルシェ くるくるパーク」の関連イベントとして、

SDGsってなあに?」が2023年12月22日(金)・23日(土)・24日(日)にTOKYO SOCIAL DESIGNで開催されます。(10:00〜19:00)

こちらも参加費無料、申し込み不要で参加できるイベント。
気になる方はイベント公式ページをチェックしてみてください。
くるくるパーク事前イベント「SDGsってなあに?」

Store 店舗情報

店舗名 TOKYO SOCIAL DESIGN(トーキョーソーシャルデザイン)
住所 板橋区板橋3-4-9 メゾン・ド・フルール1F
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。