【昭和9年創業】板橋区新河岸の老舗削り節メーカー「うつぼや」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

板橋区新河岸にある老舗の削り節メーカー「うつぼや」を知っていますか?

正式名称は「うつぼや池田食品株式会社」。

昭和9年(1934年)創業。
都内でも珍しい、歴史ある削り節メーカーです。

地図ではここ↓

板橋区新河岸1-6-7。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

会社の近くに来たら、カツオ節の良い香りが…!

今回のきっかけは、いたばしTIMESのイベント。
板橋で食材を集めて作る板橋ラーメン企画。

ラーメンの風味の肝となるカツオ節を探す旅の中で出会いました。

倉庫の中には、山のように積み上げられたカツオ節や鯖節でいっぱい。

ここの香りだけで白飯いけそうなぐらいでした笑。
(社員さんたちは慣れすぎて何も感じないとか)

鰹節には、大きく分けて二種類あります。

煮て燻製にした「荒節」と

荒節の表面を削り、カビ(優良鰹節カビ)を付着させた「枯節」です。

うつぼや公式サイトより
左が「枯節(かれぶし)」で、右が「荒節(あらぶし)」。

見た目はこんなに違うんですね。

荒節は燻製の香りがあり、ラーメンでよく使われるそうです。

枯節は熟成されたマイルドな味わいが特徴。
お蕎麦屋さんでよく使われるそうです。

良いカツオ節は音が違うらしく、実際に叩かせていただきました。


節類だけでも、うつぼやで扱う種類はこんなにあります!

(出典:うつぼや公式サイト

鶏やイカも削り節があるんですね!

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

特別に工場も外から見学させていただきました。

この場所でいろいろな節が削られていきます。

薄い花削りは町の商店でもお馴染みですが、厚削りと呼ばれる、字のまま厚く削るのは特別な機械じゃないと難しいそうです。

商品も見せていただきました。
こちらは煮干し。
昆布。
昆布もいろいろ。
いたばしTIMESのラーメン企画で購入したカツオ節(枯節の厚削り)。


うつぼやの商品は基本的には業務用。

個人で購入するには、ネットショップ、もしくは和光市にあるグループ店「池田物産」をチェックしてみてください。

うつぼやYahoo!ショッピング
池田物産(和光市)

完全にオフィシャルではなさそうですが、新河岸の本社に行って個人で直接来て購入することもできなくはありません。

月〜金の10:00〜12:00、13:00〜15:00に直接会社を訪問して、購入したい旨を伝えると対応はしてくれるそうです。
(対応できない状況もあるので、おおらかな気持ちで行ってみてください)


板橋区にはいろいろな工場がありますが、こんなに歴史ある削り節工場があったんですね。

飲食店の方々には要チェックの工場だと思います。


ちなみに「うつぼや」という社名は、生き物の「うつぼ」ではなく、創業者の修業先が大阪の靱(うつぼ)であることに由来しているそうです。

Store 店舗情報

店舗名 うつぼや池田食品株式会社
住所 板橋区新河岸1-6-7
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。