高島平の自家焙煎コーヒー角打ち「VIVA COFFEE」で燗コーヒーを飲んできた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

高島平にオープンした自家焙煎コーヒー角打ち「 VIVA COFFEE(ビバコーヒー)」に行ってきました!

オープンしたのは2021年4月。

高島平マルシェに出店していたコーヒークリエイター・中川さんがついに実店舗を構えたんですね。

地図ではここ↓

板橋区高島平1-38-11です。最寄りは西台駅。高島平駅からでも歩けそう。

店内は落ち着いたリラックス空間が広がっています。
古材をたくさん使っていて、オープンしたばかりなのに味のある雰囲気。

ドアノブがコーヒー豆やサイフォンのハンドルになっていたり、看板のビスもコーヒー豆風だったり。

よく見ないと気づかないような細部までこだわりが詰まっています。

壁のパターンは、コーヒー豆のセンターカットをデフォルメしていて、上から下に色が濃くなっていく、浅煎りから深煎りまでのグラデーションを表現しているそうです。

基本的にはお店の一番のウリは自家焙煎のスペシャルティコーヒー豆です。

でも、味は見た目でわからないし、説明するのも難しい。

なので、通常のカフェ同様にコーヒーを注文すれば、どの豆でも選べるシステムをとっているんですね。

コーヒー豆の特徴もわかりやすく書いてあります。

僕なんかは恥ずかしいぐらいコーヒーに疎いのですが、そんな人でも安心。

つたなくてもイメージを伝えれば、中川さんがいろいろと提案してくれます。

メニュー。

※緊急事態宣言中はアルコールの提供をされていません。訪問時は緊急事態宣言前でした。

コーヒーに合うおやつも。

ビスコッティはナッツとチョコレートをたっぷり入れることで堅くなりすぎない、食べ心地の良い自家製ビスコッティ。

どら焼きの皮をラスク状に焼き上げたどラスク
千駄木にある創作和菓子「薫風(くんぷう)」の人気商品です。

アイスコーヒー(650円)

ワイングラスに入って登場。しかも氷が丸い!

美味しさの大きな要素は香り。
その香りをよりキャッチできるのがワイングラスなのだそうです。

氷を丸くしているのは溶ける時間を遅くするため。
少しづつ溶けていくことで、味の変化を楽しめます。

エチオピアの豆は苦味が少なく、華やかさが際立つ美味しいコーヒーでした。

次はホットコーヒー。

これは浸漬(しんし)式
お湯を一気に入れて、一定時間漬け込むやり方です。

ドリップの技術を問わない、誰でも同じ味が出せる安定した抽出方法なのだそうです。

「購入したコーヒー豆をお家で美味しく飲んでほしい」
そんな想いから、お家で再現できるように、淹れ方まで教えてくれるんですね。

ホットコーヒー(600円)

湯気立つワイングラスって初めて。(耐熱グラスになってます)

こちらはマンデリンの豆。
インドネシアのスマトラ式という精選方法で、独特のスパイシーさが特徴的。

面白いのが熱燗で淹れる「燗コーヒー」。

無濾過生の大吟醸でドリップします。お湯は一切使いません。

中川さんは日本酒も大好きで、コーヒーと同様に味の変化を楽しめることから「掛け合わせたらどうなるんだろう…?」と思ったらしい。
燗コーヒー(900円)

初めての味…!
和洋折衷というか、コーヒーと日本酒が余韻で合わさっていく感じ。

意外なほどの相性のよさに驚きます。
コーヒーと日本酒が好きな人にはドンピシャリの逸品。

※緊急事態宣言前に撮影しています。

焙煎する様子も見せていただきました。

まるで機関車を連想させるオランダ製の焙煎機。
とてもクラシカルなビジュアルですが、パソコンで管理する最新式です。

欠けている豆などを目視で除いていきます。

高島平に爆誕した、コーヒーの楽しさを教えてくれる唯一無二のお店。

興味のある方は一度体験してみることを強くオススメします。

◇動画

動画では独創性あふれるコーヒーの楽しみ方が満載。よかったらご覧ください!

※うちさん、ぴろたんぬさん、じまさん、ばんばんさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 VIVA COFFEE
住所 板橋区高島平1-38-11
営業時間

11:00〜19:00(月曜は18:00まで)

定休日 火曜・水曜
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!

いたばしTIMESへ広告を掲載しませんか?