JR板橋駅『山源』ホルモン焼きの名店は今日も煙でモクモクです。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする
板橋で最も有名なホルモン焼きの名店、『山源』。

お店の前を毎日のように通るのですが、通るたびに「す、すげーな...」と思わずにはいられない煙が充満している店内。
初めて見る人だったら、火事と間違えて通報するんじゃないかなレベルの煙ですよね。

写真 2016-05-06 20 35 12

いつも、↓の写真ぐらいドアが開いていて店内が見えるんですよね。
写真 2016-05-06 20 35 18

はい。ついつい毎日店内をチェックしてしまいます(笑)
そして、いつ見ても煙モクモク具合に「す、すげーな」と思ってしまう。

地図ではここ↓

住所は板橋区板橋1-22-10です。

山源は人気店過ぎて、満席じゃない時をほとんど見たことがありません。
予約はした方がいいですよ。
間隙を突けばたまにふらっと入れる時もあるんですけどね。

kemuri
(出典:食べログ)

「だ、誰か倒れてる人はいないかー!?」と思わず心配になるほどの煙は、きっと写真では伝えられていない気がする...。

「孤独のグルメ」や「黄金伝説」などメディアにもひっぱりだこ↓
sign
(出典:食べログ)

メニュー↓
menu
(出典:食べログ)

とりあえずの「和風キムチ」↓
写真 2016-05-06 20 42 40

消火用にお水の入ったペットボトルを渡されます↓
写真 2016-05-06 20 37 13

初めてだったり、久しぶりでも、店員さんが丁寧に説明してくれるから安心です。
火が出たら速攻で消し止めましょう。

看板商品のホルモンたち↓
写真 2016-05-06 20 46 14

まずは脂側を上にして皮側をしっかり焼きます。

写真 2016-05-06 20 46 47

皮にしっかり焼き目がついたら脂側を焼いていきます。

写真 2016-05-06 20 47 32

溶けだした脂を玉ねぎに塗ると玉ねぎまで絶品に!

写真 2016-05-06 20 47 36

途中でお姉さんがチェックしたり、アドバイスをくれたりします。

写真 2016-05-06 20 49 24

消火の反応が遅れた時にはお姉さんが疾風のようにやってきて消し止めてくれることでしょう。

最後に横側を焼いていきます。もうすぐだー↓
写真 2016-05-06 20 49 51

で、できたー↓
写真 2016-05-06 21 28 11

脂を焼き過ぎてしまうと溶けてしまうのでもったいないですよ。

わさびorゆず胡椒で頂きましょう。
写真 2016-05-06 20 52 36

うほっ!

やばっ。

リアルに口の中で脂が溶ける。
ビールやホッピーを流し込むとテンションが上がること間違いなし。

ホルモンの脂をたくさん吸収した玉ねぎもいい感じ↓
写真 2016-05-06 20 57 13

女将さんやお姉さんたちがちょいちょい話しかけてくれる接客も好印象。
満足度の高いお店ですねー。

この煙、もはやアトラクションみたいに感じてくるなぁ。
お姉さんに煙の店内にいつもいて大丈夫なんですか?と聞くと、慣れてしまうもの、らしいです(笑)

山源

板橋区板橋1-22-10
03-3963-4656

営業時間:17:00~22:00

定休日:月曜

席数:20席

食べログはこちら





  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする