2018年2月にオープンした板橋3丁目の小さなブルワリー「クランクビール さかみちタップルーム」に行ってきました!

写真 2018-08-31 21 41 55
2018年3月28日に醸造免許を取得し、自家醸造ビールの販売をスタートしています。

◇関連記事
板橋3丁目にクランクビール”さかみちタップルーム”っていうブリューパブがオープン準備中。

地図ではここ↓

板橋区板橋3-40-16です。王子新道沿い。

写真 2018-08-31 21 43 31
お店に向かって右は緩やかな坂をのぼって鳥新、板橋区役所前駅へと続きます。

写真 2018-08-31 21 42 47
その反対側は坂をくだったら東板橋体育館があります。

写真 2018-08-31 21 42 22
客席の隣にあるこちらの醸造室で名作ビールが日々生まれています。

uVq6IsxYq2b_GHy1535850556_1535850602
店内のようす。
カウンターが人気です。

写真 2018-08-31 21 37 20
少人数グループにはこんな粋なテーブルが。
面白いイスもありますね。

写真 2018-08-31 21 34 05
板橋のこれから来る人限定でサインできる場所(笑)

写真 2018-08-31 20 10 08
ドリンクメニュー。

写真 2018-08-31 20 10 38
フードメニュー。

写真 2018-08-31 20 08 22
まずは”#10 コピーキャットIPA”のハーフ(500円)

10パッチ目はクランク初のヘイジーIPA。ホップマシマシです。


"#"の番号はクランクビールがリリースした通し番号みたい。

ホップマシマシだけあって、とてもフルーティー。
隣で作ってるので手づくり感がすごいですね。

写真 2018-08-31 20 32 29
”#9 カリフォルニアコモン”のハーフ(500円)

ラガー酵母を高い温度で醸したカリフォルニアコモンスタイルのビール。ホップマシマシです。


苦味が強いタイプのホップマシマシ。
メニューに書いてある「IBU」は苦味の指数なのです。
(これはIBU83)

写真 2018-08-31 20 47 43
”#11 ポーター”のハーフ(500円)

今回のポーターは前回と比べてホップを倍に、ボディはライトにして副原料も変更しました。


どのクラフトビールもオリジナリティ満載。
お客さん同士でビール談義にも花が咲いていました。

写真 2018-08-31 20 12 04
ミックスナッツ(200円)

写真 2018-08-31 20 19 45
自家製ビールお枝豆漬け(300円)

ロスビールを生かし、店主・平賀さんの奥さんが作った枝豆漬け。

写真 2018-08-31 20 33 39
飲んでいると、「あちらのお客さまからです」と言われてもらった一皿。

え?何この外国みたいなカッコよさ。
1人で来ている方が多いのですが、不思議な一体感で包まれます(笑)

写真 2018-08-31 21 34 47
店主の平賀さん。
(共同経営者の五日市さんはこの日はお休み)

なんとも言えない和やかな雰囲気を演出してくれます。
きっと皆さん、美味しいビールはもちろん、この空気感が好きで来ている人が多いのだろうなぁ...。

写真 2018-08-31 21 35 25

お客さん同士が仲良くなったり、外を通る(地元の)人と挨拶しあったり、そんな風景は板橋の老舗大衆酒場とも共通するものがあります。
いや、むしろ世界共通なのかも。

町の小さなブルワリーって本当に素敵ですね。

写真 2018-08-31 21 37 29
奥さんがキッチンジャックするイベントもやってます(笑)


◇関連記事
板橋3丁目にクランクビール”さかみちタップルーム”っていうブリューパブがオープン準備中。

クランクビール さかみちタップルーム

板橋区板橋3-40-16

営業時間:
[平日] 17:00~23:00L.O.
[土] 14:00~23:00L.O.
[日] 14:00~21:00L.O.

定休日:水曜

喫煙・禁煙:禁煙

公式サイトはこちら
Facebookはこちら
食べログはこちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ